憲法-条約
平成29年 午前の部第3問

司法書士試験ピックアップ過去問解説

問題

条約に関する次のアからオまでの記述のうち,誤っているものは,幾つあるか。

ア 国家間の合意であるとの条約の性質に照らし,内閣は,事前に国会の承認を経なければ,条約を締結することができない。

イ 既存の条約を執行するために必要な技術的・細目的な協定も国家間の合意であるから,これを締結する場合も,国会の承認を経なければならない。

ウ 条約の締結に必要な国会の承認については,衆議院に先議権はないが,議決に関する衆議院の優越が認められている。

エ 憲法と条約の関係についての憲法優位説を採ると,条約は裁判所の違憲審査の対象とならないという見解を採ることはできない。

オ 条約が裁判所の違憲審査の対象となるという見解を採った場合,条約について違憲判決がされたときは,条約の国内法としての効力のみならず国際法としての効力も失われる。


1 1個   2 2個   3 3個   4 4個   5 5個

解答・解説

解答:4

ア ×
内閣の行う事務として「条約を締結すること」が規定されており,条約の締結に際しては,事前に,時宜によっては事後に国会の承認を経ることが必要とされています。すなわち,国会の承認は,事前に限るものではありません。

ポイント 国会の承認は必須ですが,時期を限定するものではありません


イ ×
締結に国会の承認を要する「条約」とは,名称のいかんにかかわらず,国家間に一定の権利義務関係を設定する文書による約束を指しますが,既存の条約を執行するために必要な技術的・細目的な協定は,ここにいう「条約」には含まれないとされています。

ポイント 「外交関係を処理すること」の一環として,内閣のみで行います。


ウ 

条約の締結に必要な国会の承認については,議決に関する衆議院の優越が認められているものの,衆議院に先議権ありません

ポイント 衆議院に先議権があるのは「予算」の場合です。


エ ×
憲法と条約の関係についての憲法優位説を採ったとしても,憲法第81条の文言や条約の特殊性を理由として,条約が裁判所の違憲審査の対象とならないという見解を採ることも可能です。

ポイント 条約優位説を採れば,条約は裁判所の違憲審査の対象となりません。


オ ×
条約が裁判所の違憲審査の対象となるという見解を採った場合において,条約について違憲判決がされたときであっても,条約の国際法としての効力が直ちに失われるわけではありません。

ポイント 違憲判決をふまえた内閣の処理の問題となります。


→ 上記の講座が含まれる「司法書士総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方におすすめのコース

司法書士 総合コース [2020年度試験対応]

2020年度版に加え、2021年度版も受講できる!
改正民法対応!基礎から合格レベルまで効率的に学べる!

司法書士 総合コース [2020+2021年度試験対応]

通常価格 ¥107,000(税別)
分割例 月々 ¥5,200 × 24回から

本コースには、ビデオ講座、音声講座、テキスト、要点暗記ツール、記述式雛形暗記ツール、スマート問題集、セレクト過去問、記述式対策講座が含まれており、インプットとアウトプットを効率的に学習できます。詳細はこちら


すべてのコースの一覧を見る・受講する


今すぐお試しできます!無料セミナー・無料講座を試す

スタディングは今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

無料配信中の講座はこちら

  • スタディング 司法書士講座 無料セミナー
    無料セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    無料特別講義
    NEW 改正民法のポイント講座
  • スタディング 司法書士講座 初回版
    スタディング 司法書士講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    スマート問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

無料講座と無料セミナーを試してみる