民事訴訟法-訴訟能力
平成29年 午後の部 第1問

司法書士試験ピックアップ過去問解説

問題

民事訴訟における訴訟能力に関する次のアからオまでの記述のうち,正しいものの組合せは,後記1から5までのうち,どれか。

ア 未成年者は,その親権者の同意があるときは,自ら訴訟行為をすることができる。

イ 被告が未成年者である場合であっても,被告本人に対する当事者尋問をすることができる。

ウ 被告が成年被後見人である場合であっても,被告本人に対してされた訴状の送達は有効である。

エ 訴訟係属中に原告が成年被後見人になった場合には,その原告について訴訟代理人があるときを除き,訴訟手続が中断する。

オ 成年被後見人が自らした訴訟行為は,その成年後見人が追認した場合であっても有効とはならない。


1 アウ    2 アエ    3 イエ    4 イオ    5 ウオ

解答・解説

解答:3

ア ×
未成年者は,法定代理人によらなければ訴訟行為をすることができません。すなわち,未成年者が親権者の同意を得て自ら訴訟行為をすることはできません。

ポイント 成年被後見人と同様に訴訟無能力者です


イ 
民事訴訟法における当事者本人の尋問に関する規定は,訴訟において当事者を代表する法定代理人に準用されます。ただし,当事者本人を尋問すること妨げません。すなわち,法定代理人がいる未成年者たる本人に当事者尋問をすることは可能です。

ポイント 法定代理人がいる場合に当事者尋問ができることを前提としています


ウ 
×
訴訟無能力者に対する送達は,その法定代理人に行います。したがって,被告が成年被後見人である場合,送達はその法定代理人に対してしなければならないのであって,被告たる成年被後見人本人に対してされた訴状の送達は無効です。

ポイント 法定代理人が複数いる場合,そのうちの1人に送達すれば足ります


エ 

当事者が訴訟能力を喪失した場合,訴訟代理人があるときを除き,訴訟手続が中断します。

ポイント 訴訟能力が回復しない間は,法定代理人が訴訟手続を受け継ぎます


オ ×
訴訟能力を欠くものがした訴訟行為は,それを有するに至った当事者又は法定代理人の追認により,その効力を生じます

ポイント 成年後見人は成年被後見人の法定代理人です


→ 上記の講座が含まれる「司法書士総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方へのおすすめコース

司法書士 総合コース[2022+2023年度試験対応]

2022年度版に加え、2023年度版まで受講できる!

司法書士 総合コース[2022+2023年度試験対応]

9/30(木)まで
一括 104,500円
➡ 93,500円

分割例 月々 4,100円 × 24回から

基礎から合格レベルまで効率的に学べるコースです。2022年度版に加え、今後リリースされる2023年度版コースも受講できるため、これからスタートする方におすすめです。詳細はこちら


すべてのコースの一覧を見る・受講する

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

無料セミナー

「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
「司法書士試験リベンジ合格法
「【民法改正】成人年齢引き下げによる試験への影響

無料動画講座

スタディング 司法書士講座の初回版

基本講座(ビデオ・音声講座)/テキスト/要点暗記ツール/スマート問題集/セレクト過去問集記述式雛形暗記ツール 
無料講座と無料セミナーを試してみる