会社法-設立
平成28年 第27問

司法書士試験ピックアップ過去問解説

問題

株式会社の設立に関する次のアからオまでの記述のうち,正しいものの組合せは,後記1から5までのうち,どれか

ア 設立時発行株式を引き受ける者の募集をする場合において,設立時発行株式の数を定款で定めていないときは,発起人は,設立時募集株式に関する事項を定める時までに,その全員の同意によって,定款を変更して設立時発行株式の数の定めを設けなければならない。

イ 発起人は,設立時募集株式を,申込者が引き受けようとする設立時募集株式の数に応じて,均等に割り当てなければならない。

ウ 株式会社の存続期間は,株式会社の成立後であっても,定款に定めることができる。

エ 設立時募集株式の引受人がその払込金額の全額の払込みを仮装した場合において,払込みを仮装することに関与した発起人が当該払込金額の全額を支払ったときは,当該発起人は,払込みを仮装した設立時発行株式について,設立時株主及び株主の権利を行使することができる。

オ 公証人の認証を受けた定款を株式会社の成立後に変更する場合には,公証人の認証を受ける必要がない。


1 アイ    2 アエ    3 イオ    4 ウエ    5 ウオ

解答・解説

解答:5

ア ×
設立時発行株式を引き受ける者の募集をする場合において,発起人は,その全員の同意により,設立時発行株式の数等の一定の事項を定めなければなりません。この点,設立時発行株式の数の定めは定款の絶対的記載事項ではありませんので,定款を変更して定める必要はありません。

ポイント 発行可能株式総数の定めと区別しましょう。


イ ×
発起人が,申込者に割り当てる設立時募集株式の数を定めるにあたっては,申込者が引き受けようとする設立時募集株式の数よりも減少することができ,均等に割り当てる必要はありません。

ポイント 割当自由の原則が採られています。


ウ 

株式会社の存続期間は定款の絶対的記載事項ではありませんので,設立時の定款に定める必要はありません。会社の成立後であっても,定款を変更することにより定めることができます。

ポイント 定款の絶対的記載事項を確実に覚えておきましょう。


エ ×
設立時募集株式の引受人による払込みの仮装に関与した発起人が,会社に対する支払義務を履行して当該払込金額の全額を支払ったときは,当該引受人は,払込みを仮装した設立時発行株式について,設立時株主及び株主の権利を行使することができるようになります。支払いをした発起人が権利を行使できるわけではありません。

ポイント 共用部分である旨の登記がされた建物の種類等を申請情報の内容としなければならないわけではありません


オ 
会社成立後において定款を変更した場合に,公証人の認証を要するという規定はありません。

ポイント 公証人の認証は原始定款にのみ要求されています。


学習するには

基本講座-会社法・商法・商業登記法 設立(2)

→ 上記の講座が含まれる「司法書士総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方におすすめのコース

司法書士 総合コース [2020年度試験対応]

2020年度版に加え、2021年度版も受講できる!
改正民法対応!基礎から合格レベルまで効率的に学べる!

司法書士 総合コース [2020+2021年度試験対応]

通常価格 ¥107,000
【11/30まで】キャンペーン特別価格97,000(税別)

分割例 月々 ¥4,700 × 24回から

本コースには、ビデオ講座、音声講座、テキスト、要点暗記ツール、記述式雛形暗記ツール、スマート問題集、セレクト過去問、記述式対策講座が含まれており、インプットとアウトプットを効率的に学習できます。詳細はこちら


すべてのコースの一覧を見る・受講する


今すぐお試しできます!無料セミナー・無料講座を試す

スタディングは今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

無料配信中の講座はこちら

  • スタディング 司法書士講座 無料セミナー
    無料セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    無料特別講義
    NEW 改正民法のポイント講座
  • スタディング 司法書士講座 初回版
    スタディング 司法書士講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    スマート問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

無料講座と無料セミナーを試してみる