民事執行法-債務執行
平成28年 午後の部 第7問

司法書士試験ピックアップ過去問解説

問題

金銭債権(動産執行の目的となる有価証券が発行されている債権を除く。)に対する強制執行に関する次のアからオまでの記述のうち,誤っているものの組合せは,後記1から5までのうち,どれか。

なお,少額訴訟債権執行については考慮しないものとする。

ア 金銭債権に対する強制執行は,執行裁判所の差押命令により開始する。

イ 差押命令は,第三債務者を審尋して発しなければならない。

ウ 金銭債権の一部が差し押さえられた後,その残余の部分を超えて別に差押命令が発せられたときは,各差押えの効力が及ぶ範囲は,当該金銭債権の全額を各差押債権者の請求債権の額に応じて按分した額に相当する部分となる。

エ 執行裁判所は,債務者の申立てにより,債務者及び債権者の生活の状況その他の事情を考慮して,差押命令の全部又は一部を取り消すことができる。

オ 執行裁判所は,差押債権者の申立てにより,支払に代えて券面額で差し押さえられた金銭債権を差押債権者に転付する命令を発することができる。


1 アウ    2 アエ    3 イウ    4 イオ    5 エオ

解答・解説

解答:3

ア 
金銭債権に対する強制執行は,執行裁判所の差押命令により開始します。。

ポイント 動産の引渡しを目的とする債権に対する強制執行についても同様です。


イ ×
金銭執行に係る差押命令は,債務者及び第三債務者審尋しないで発せられます。

ポイント 当該債権が処分されるのを防止するためです。


ウ 
×
金銭債権の一部が差し押さえられた後,その残余の部分を超えて別に差押命令が発せられたときは,各差押えの効力は,その債権の全部に及びます

ポイント 差押えの効力が全部に及び,その後の配当手続で按分されます。


エ 

執行裁判所は,債務者の申立てにより,債務者及び債権者の生活の状況その他の事情を考慮して,差押命令の全部又は一部を取り消すことができます。

ポイント 債権者の申立てにより,差し押さえてはならない債権の部分について差押命令を発することもできます。


オ 
執行裁判所は,差押債権者の申立てにより,支払に代えて券面額で差し押さえられた金銭債権を差押債権者に転付する命令を発することができます。

ポイント いわゆる「転付命令」と呼ばれるものです。


→ 上記の講座が含まれる「司法書士総合コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

これから始める方におすすめのコース

司法書士 総合コース [2020年度試験対応]

2020年度版に加え、2021年度版も受講できる!
改正民法対応!基礎から合格レベルまで効率的に学べる!

司法書士 総合コース [2020+2021年度試験対応]

通常価格 ¥107,000(税別)
分割例 月々 ¥5,200 × 24回から

本コースには、ビデオ講座、音声講座、テキスト、要点暗記ツール、記述式雛形暗記ツール、スマート問題集、セレクト過去問、記述式対策講座が含まれており、インプットとアウトプットを効率的に学習できます。詳細はこちら


すべてのコースの一覧を見る・受講する


今すぐお試しできます!無料セミナー・無料講座を試す

スタディングは今すぐ無料で受講できます。
まずはお試しください!

無料配信中の講座はこちら

  • スタディング 司法書士講座 無料セミナー
    無料セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    無料特別講義
    NEW 改正民法のポイント講座
  • スタディング 司法書士講座 初回版
    スタディング 司法書士講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    スマート問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール

※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

無料講座と無料セミナーを試してみる