財務会計平成30年 第6問 - リース会計

ピックアップ過去問解説

問題

ファイナンス・リース取引の借手側の会計処理および開示に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 所有権移転ファイナンス・リース取引にかかるリース資産の減価償却費は、リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとして算定する。

イ リース債務は、貸借対照表日後1年以内に支払の期限が到来するものは流動負債に属するものとし、貸借対照表日後1年を超えて支払の期限が到来するものは固定負債に属するものとする。

ウ リース資産およびリース債務の計上額は、リース契約締結時に合意されたリース料総額とする。

エ リース資産は、貸借対照表日後1年以内にリース期間が満了するものは流動資産に、貸借対照表日後1年を超えてリース期間が満了するものは有形固定資産または無形固定資産に含めて表示する。


解答・解説

解答:

 ファイナンス・リース取引の借手側の会計処理および開示に関する問題です。

 所有権移転ファイナンス・リースの減価償却費は、自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法により算定します。つまり、経済的使用可能予想期間(経済的耐用年数)をもとに償却します。従って、選択肢アのリース期間を耐用年数とするという記述は不適切です。

 リース債務の開示については、貸借対照表日後1年以内に支払期限が到来するものは流動負債の区分に表示し、貸借対照表日後1年を超えて支払の期限が到来するものは固定負債の区分に表示します。よって、選択肢イの記述は適切です。

 「リース資産」「リース債務」の計上額は所有権移転ファイナンス・リースの場合、以下の方法によります。

1.借手においてリース物件の貸手の購入価額等が明らかな場合は、貸手の購入価額等

2.貸手の購入価額等が明らかでない場合は、次のうちいずれか低い価額

  • リース料総額の割引現在価値
  • 借手の見積現金購入価額

 よって、選択肢ウの計上額は、リース契約締結時に合意されたリース料総額とするという記述は不適切です。

 所有権移転ファイナンス・リース取引では、リース取引開始日に、リース物件とこれに係る債務を「リース資産(または「機械・装置」等各固定資産勘定)」「リース債務」としてそれぞれ資産・負債に計上します。リース資産については、減価償却されますので、有形固定資産に計上されるため、選択肢エの貸借対象日後1年以内にリース期間が満了するものは流動資産に表示されるとする記述は不適切です。

 よって、選択肢イが正解となります。


学習するには

財務会計

 2-8 資本市場と資本コスト

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き