財務会計平成28年 第2問 - 売上控除項目

ピックアップ過去問解説

問題

売上控除とならない項目として最も適切なものはどれか。

ア 売上値引
イ 売上戻り
ウ 売上割引
エ 売上割戻


解答・解説

解答:ウ

 売上値引・売上戻り・売上割引・売上割戻に関する問題です。

 売上値引・売上戻り・売上割引・売上割戻について理解していれば、容易に正解を導ける問題です。

 選択肢アは、売上値引です。売上値引は、商品のキズや汚れなどが原因で、いったん売り上げた金額から値引をすることです。売上値引の場合は、値引した金額を売上高から直接控除します。よって、売上値引は売上控除となる項目です。

 選択肢イは、売上戻りです。売上戻り(売上返品)は、商品の品違いなどによって、いったん売り上げた商品が返品され、取引が取り消しされることです。売上戻り(売上返品)の場合は、返品された金額を売上高から直接控除します。よって、売上戻りは売上控除となる項目です。

 選択肢ウは、売上割引です。売上割引は、売掛金を期日よりも早期に回収した場合に、一定の金額を差し引いたり、返金することです。つまり、商品代金を早く支払ってくれた相手に対する優遇措置です。売上割引は、売上の処理に関する費用ではなく、金融上の費用と考えられるため、売上高からの控除ではなく、営業外費用として計上します。

 よって、記述は売上控除とならない項目であり、これが正解です。

 選択肢エは、売上割戻です。売上割戻は、一定期間に大量に商品を購入してくれた取引先に対して、一定の金額を差し引いたり、返金したりすることです。これは、いわゆる売上リベートに相当します。売上割戻は、基本的には売上高から控除します。内容によっては販売費として計上する場合もありますが、売上割戻は売上控除となりうる項目です。


学習するには

財務会計

 2-2 簿記の基礎知識

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税別)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます
詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる