財務会計 平成22年 第5問 - 株式の発行

ピックアップ過去問解説

問題

 次の文章の空欄A~Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 株式会社の設立または株式の発行に際し、株主となる者が当該株式会社に払込みまたは給付をした財産の【 A 】を資本金とするのが原則である。しかし、払込額または給付額の【 B 】を資本金としないで、資本準備金 として計上することができる。また、公開会社では、設立に際し発行可能株式総数の【 C 】の株式を発行しなければならない。


[解答群]

ア A:2分の1    B:4分の1    C:2分の1以上

イ A:2分の1以上  B:4分の1まで  C:4分の1以上

ウ A:全 額     B:2分の1まで  C:4分の1以上

エ A:全 額     B:2分の1まで  C:2分の1

オ A:全 額     B:2分の1    C:2分の1以上



解答・解説

解答:ウ

財務・会計から、株式の発行に関する出題です。
本問では、株式発行に関する会計処理のルールが問われています。

まず、空欄【 A 】と【 B 】を見ていきましょう。

株式会社では、株式を発行することで資金を調達します。調達した資金は、貸借対照表の純資産の部に計上されます。その際、原則は「資本金」に払い込まれた額を計上します。

ただし、払い込まれた額の2 分の1 を超えない額を、「資本金」ではなく「資本準備金」として計上することもできます。

ここまでで、【 A 】には「全額」、【 B 】には「2分の1まで」が入ることが分かります。選択肢は、ウとエに絞られました。

次に、空欄【 C 】を見ていきましょう。

本問の内容は、スタディングでは科目「経営法務」で学習する内容です。そこで、経営法務より、関連する内容を復習しておきましょう。

公開会社とは、株式譲渡制限会社と対比する言葉で、株主が所有する株式の全部または一部を自由に譲渡できるようになっている会社です。(株式譲渡制限会社は、公開会社ではない会社を表します。)

発行可能株式総数は、あらかじめ決められた、発行できる株式の総数です。

株式を発行する際には、株式数が発行可能株式総数の範囲内である必要があります。

公開会社では、発行可能株式総数には制限があります。公開会社では、会社設立時の株式数は、発行可能株式総数の4分の1 を下回ることができません。

つまり、公開会社では、設立に際し発行可能株式総数の4分の1以上の株式を発行しなければならないということになります。

そのため、【 C 】には「4分の1以上」が入ります。

以上より、正解は「ウ」になります。

本問のように、科目をまたいだ問題が出題されることもあります。 そのため、科目受験を考えている人は、過去問等を見て注意しておきましょう。


学習するには

財務会計

 2-2 簿記の基礎知識

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き