財務会計 平成20年 第22問 - 設備投資の評価

ピックアップ過去問解説

問題

設備投資のキャッシュ・フローを予測する際の説明として、最も適切なものはどれか。

ア 貸し付けている土地の貸借契約を解除し、そこに工場建設をする場合、この受取地代を反映させる必要はない。

イ 新製品投資によって、既存の製品のキャッシュ・フローが減少する場合、減少するキャッシュ・フローは新製品投資のキャッシュ・フローに反映させる。

ウ 投資の資金調達から生じる支払利息はキャッシュ・フローに反映させる

エ 未使用の土地に工場建設をする場合、未使用の土地は簿価で評価して投資額に反映させる。


解答・解説

解答:イ

設備投資の評価の際の、キャッシュフローに関する問題です。

正味現在価値法などによる投資評価の際の、キャッシュフローの基本的な考え方が問われています。

難しい計算などが無いので、考え方を理解されている方は比較的簡単に正解できると思います。一方、計算式だけを覚えていた場合は、判断に迷うかもしれません。

まずは、投資評価の際のキャッシュフローの考え方を整理しておきましょう。

正味現在価値法や内部収益率法による投資の評価では、将来に回収予定の資金はフリーキャッシュフローで求めます。

フリーキャッシュフローの基本的な考え方は、事業活動によって得た資金から、投資した資金を引いたものになります。つまり、投資分を除いた純粋な収入を表します。

ここで、投資評価の際のキャッシュフローの考え方には、2つポイントがあります。

ポイント1は、投資を実行した場合と、しなかった場合の差額のキャッシュフローで評価するということです。つまり、投資を実行しなかった場合に比べ、投資を実行すると、どれぐらい変化するかということに注目します。

ポイント2は、資金調達や返済(金利含む)などの財務キャッシュフローは含めないということです。例えば、設備投資する際に、銀行からお金を借りて投資した場合、金利を含めて返済する必要がありますが、これはフリーキャッシュフローには含めません。

これは、金利費用など、資金調達に関するコストは、資本コストと考え、現在価値に割引くときの割引率として考慮に入れているからです。

例えば、借入の金利が大きい場合、WACCで計算する企業の資本コストは大きくなります。そうすると、同じフリーキャッシュフロー(投資のリターン)であっても、金利が低い時よりも正味現在価値は低くなり、投資の評価はその分マイナス評価になります。

少し、複雑に思われるかもしれませんが、「資本の調達で発生するコストは、投資評価のキャッシュフローに含めない」ということがポイントです。

ここまでを理解した上で、選択肢を見ていきましょう。

アは、上記のポイントで考えると分かります。土地のオーナーのつもりで、考えてみると良いでしょう。

現在は、毎月土地の賃借料が入ってくる状態です。ここで、投資案は、この土地に工場を作りそこで事業を営んで収入を得たらどうか、ということです。

この場合、投資案を実行すれば、土地の賃借料(受取地代)をあきらめる必要があります。よって、キャッシュフローにこれを反映して評価しないと大損する可能性があります。

よって、選択肢は不適切です。

イは、新製品を開発・販売するのが投資案です。この場合、投資しない場合に比べて既存製品の売上が減る(カニバリゼーションを起こす)のですからその分をキャッシュフローに反映する必要があります。

よって、選択肢は適切です。

ウは、上記のポイント2より、支払利息などの金利費用はキャッシュフローに含めず、資本コストとして処理します。

よって、選択肢は不適切です。

エは、未使用の土地はそのままではキャッシュを生まないため、投資案のキャッシュフローには含めません。また、仮に、土地を売却する案と、工場を建設する案で比較した場合でも、土地の売却によるキャッシュアウトは土地の時価で行われるため、簿価ではなく時価で評価する必要があります。

よって、選択肢は不適切です。

今回は、投資評価の考え方の理解が重要な問題でした。


学習するには

財務会計

 2−7 投資評価

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


2020年度ストレート合格を目指すのに最適!

今から始める方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる