財務会計 平成19年 第7問 - 財務諸表

ピックアップ過去問解説

問題

   株式会社の会社法上の計算書類として最も適切なものはどれか。

   ア 貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表、事業報告、付属明細書

   イ 貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表、事業報告

   ウ 貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表

   エ 貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、事業報告



解答・解説

解答:ウ

財務諸表の概要から計算書類に関する出題です。

計算書類について覚えていた方は、簡単に回答できる問題です。

それでは計算書類について簡単に復習してみましょう。

会社法では、計算書類を「貸借対照表」、「損益計算書」、「株主資本等変動計算書」、「個別注記表」としています。また、株式会社は各事業年度にかかる計算書類と、「事業報告」、「附属明細書」を作成しなければなりません。

計算書類は会社の財産状態や事業の成果に関する会計情報を記載したものであるのに対し、事業報告はその事業年度の事業状態を明らかにしたものです。計算書類が定量情報で、事業報告は定性情報ということになります。そのため事業報告は計算書類には含まれません。

よって選択肢ウが正解となります。

なお、附属明細書とは、貸借対照表、損益計算書、事業報告の記載を補完するもので、取締役や監査役の利害関係、子会社との取引の明細などが記載されます。


学習するには

財務会計

 2-1 財務諸表

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き