のれん - 中小企業診断士 財務会計 令和3年 第4問

ピックアップ過去問解説

問題

 のれんに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 自己創設のれんは、時価などの公正な評価額が取得原価となる。

イ のれんは取得後、5年以内に毎期均等額以上の償却をしなければならない。

ウ のれんは被買収企業の超過収益力に対する対価とみなされる。

エ 負ののれんが発生した場合、当該期間の特別損失とする。


解答・解説

解答:ウ

 本問では、のれんに関して問われています。のれんに関する基礎的な知識があれば、正解できる易しい問題です。

のれんは、次のようなものがあります。

企業の買収・合併(M&A)の際に発生する「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額。

企業を買収する時は、「その時点の時価」に加えて、「将来稼ぐ利益」を期待して金額を上乗せする。

通常は「買収された企業の時価評価純資産」<「買収価額」となり、その差額は、「のれん」という無形固定資産科目として貸借対照表に計上。

「負ののれん」は、原則として「負ののれん」が生じた事業年度の損益計算書において「特別利益」として計上。「のれん」は20年以内に償却する無形固定資産。選択肢アですが、のれんは、「企業の買収・合併(M&A)の際に発生する「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額」です。自己創設のれんとして、自社の「超過収益力」を「無形固定資産」に計上することは認められていません。よって、不適切です。

選択肢イですが、のれんは取得後、5年以内ではなく20年以内に償却します。よって、不適切です。

選択肢ウですが、企業を買収する時は、「その時点の時価」に加えて、「将来稼ぐ利益」を期待して金額を上乗せします。これが「被買収企業の超過収益力」に該当します。よって、適切です。

選択肢エですが、負ののれんが発生した場合、事業年度の損益計算書において「特別利益」として計上します。選択肢の「当該期間の特別損失とする」の部分が不適切です。

よって、正解はウになります。


学習するには

財務会計

 2-3  税務・結合会計

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き