株式 - 中小企業診断士 財務会計 令和3年 第16問

ピックアップ過去問解説

問題

 株主還元に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 自社株買いを行うと当該企業の純資産が減少するため、売買手数料をゼロとすれば株価は下落する。

イ 自社株買いを行った場合、取得した株式は一定期間のうちに消却しなければならない。

ウ 配当額を自己資本で除した比率を配当利回りという。

エ 有利な投資機会がない場合には、余裕資金を配当などで株主に還元することが合理的である。


解答・解説

解答:エ

 本問では、株主還元に関して問われています。株主還元に関するやや複雑な知識が必要なやや難易度の高い問題です。

まず、本問にある自社株買いについて解説します。

自社株買いとは、上場企業が自らの資金を使って、株式市場から自社の株式を買い戻すことをいう。株式市場から自社の株式を購入してその株式を消却する(無効とする)ことで、会社の発行済み株式総数が減少し、1株当たりの価値は高くなる。あわせて「1株当たりの当期利益」も増加することになり、自社の利益の一部を株主に支払うのと同じ効果となるため、配当と同様に株主還元策の一つとされている。また、自社株買いした株式を消却するか否かは企業側に任されており、会社が「金庫株」として、株式のまま保有するケースもある。

選択肢アですが、自社株買いによって、当該企業の発行済み株式数は減少しますが、純資産は減少しません。よって、不適切です。

選択肢イですが、自社株買いで取得した株式の償却は、一定期間のうちに償却する必要はありません。よって、不適切です。

選択肢ウですが、配当利回りは、「配当利回り = 1株あたり配当 ÷ 株価」のよって求められます。配当額を自己資本除した費率ではありません。よって、不適切です。

選択肢エですが、余剰資金を配当などで株主に還元することは、合理的な投資機械となります。よって、適切です。

よって、正解はエになります。


学習するには

財務会計

 2-9 現代のファイナンス

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き