損益分岐点分析 - 中小企業診断士 財務会計 令和3年 第12問

ピックアップ過去問解説

問題

 損益分岐点分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 安全余裕率は、損益分岐点比率の逆数である。

イ 損益分岐点売上高は、固定費を変動費率で除して求められる。

ウ 損益分岐点比率は小さいほど赤字になるリスクが低い。

エ 目標利益達成のための売上高は、損益分岐点売上高に目標利益を加算して求められる。


解答・解説

解答:ウ

 本問では、損益分岐点分析に関して問われています。損益分岐点分析の基本的な公式を覚えていた人は正解できる問題です。

損益分岐点売上高とは、ちょうど利益が0になる売上高です。また実際の売上が損益分岐点からどれぐらい離れているかを表す指標に安全余裕率があります。売上高の安全性を判断する比率になります。損益分岐点分析に関する、主な公式は次の通りです。

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ (1 - 変動費率)

安全余裕率 = (実際売上高 - 損益分岐点売上高) ÷ 実際売上高 × 100

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 実際売上高

目標売上高 = (固定費+目標利益) ÷ (1-変動費率)

選択肢アですが、安全余裕率は、損益分岐点比率の逆数ではありません。よって、不適切です。

選択肢イですが、損益分岐点売上高は、固定費を(1 - 変動費率)で除して求めます。よって、不適切です。

選択肢ウですが、損益分岐点比率が小さいほど、売上が少なくても、赤字になりにくいため、リスクが低いと言えます。よって、適切です。

選択肢エですが、目標利益は「目標売上高 = (固定費+目標利益) ÷ (1-変動費率)」によって求められます。よって、不適切です。

よって、正解はウになります。

学習するには

財務会計

 2-6 経営分析

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き