財務会計 令和2年 第7問 - ファイナンス・リース

ピックアップ過去問解説

問題

 リース取引の借手側の会計処理と開示に関する記述として、最も不適切なものはどれか。


ア オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引にかかる方法に準じて会計処理を行う。

イ オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものにかかる未経過リース料は、原則として注記する。

ウ ファイナンス・リース取引にかかるリース債務は、支払期限にかかわらず、固定負債に属するものとする。

エ ファイナンス・リース取引にかかるリース資産は、原則としてその内容および減価償却の方法を注記する。


解答・解説

解答:ウ

 本問では、オペレーティング・リース取引とファイナンス・リース取引に問われています。頻出論点であるため、正答したい問題です。

オペレーティング・リース取引とファイナンス・リース取引の特徴は次の通りです。



 選択肢アですが、「オペレーティング・リース取引」は、通常の「賃貸借取引」に係る方法に準じて会計処理を行います。よって、適切です。

 選択肢イですが、「オペレーティング・リース取引」においては、借手や貸手に関わらず、解約不能のものに係る未経過リース料は、貸借対照表日後1年以内のリース期間に係るものと、貸借対照表日後1年を超えるリース期間に係るものとに区分して注記するよう規定されています。ただし、重要性が乏しい場合には、注記する必要はありません。よって、適切です。

 選択肢ウですが、「ファイナンス・リース取引」においては、借手に対して、次のように表示するよう規定されています。「リース債務は、貸借対照表日後1年以内に支払の期限が到来するものは流動負債に表示し、貸借対照表日後1年を超えて支払の期限が到来するものは固定負債に表示(1年基準)します。」したがって、「支払期限にかかわらず、固定負債に属するものとする。」が誤っています。よって、不適切です。

 選択肢エですが、「ファイナンス・リース取引」においては、借手に対して、以下の内容を注記するよう規定されています。「リース資産は、その内容(主な資産の種類等)及び減価償却の方法を注記します。ただし、重要性が乏しい場合には、注記する必要はありません。」よって、適切です。

 よって、正解はウになります。


学習するには

財務会計

 2-8資本市場と資本コスト

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる