財務会計 令和元年 第23問 - 投資評価基準

ピックアップ過去問解説

問題

投資評価基準に関する記述として、最も適切なものはどれか。


ア 会計的投資利益率法に使われる会計利益には減価償却費を計算に入れない。

イ 回収期間法における回収期間とは、プロジェクトの経済命数のことである。

ウ 正味現在価値はパーセントで表示される。

エ 正味現在価値法と内部収益率法は共にDCF法であるが、同一の結論を導くとは限らない。



解答・解説

解答:エ

 本問では、投資評価基準の4つの方法である、会計的投資利益率法、正味現在価値法、内部収益率法の特徴に関して問われています。

それぞれの用語の意味は以下の通りです。


会計的投資利益率法

正味現在価値法(NPV)

内部収益率法(IRR)

期間回収法

「会計的投資利益率法=平均利益÷投資額」で計算できるため、計算が容易でなじみやすい。一方で、貨幣の時間的価値を考慮していない、目標となる会計的利益の設定に客観性がない、キャッシュインフローを考慮していないなどの問題点もある。

正味現在価値の大きさは、投資から得られるリターンの大きさを表しています。正味現在価値がプラスであれば、投資を実行すべきという判断になる。

正味現在価値がちょうど0になる割引率です。内部収益率と、資本の調達コストである資本コストを比較し、内部収益率の方が大きければ投資を行うという判断になる。

投資額に対してそれを回収する期間のことです。回収期間が目標よりも短ければ投資を行うという判断になる。


 では、選択肢についてみていきます。

 選択肢アですが、会計的利益率法は、「会計的投資利益率法=平均利益÷投資額」で計算できるため、計算が容易でなじみやすいという特徴があります。一方で、貨幣の時間的価値を考慮していない、目標となる会計的利益の設定に客観性がない、キャッシュインフローを考慮していないなどの問題点もあります。また、この利益には、減価償却費を入れて計算します。そのため不適切です。

 選択肢イですが、回収期間とは、投資額に対してそれを回収する期間のことであり、プロジェクトの経済命数ではありません。そのため、不適切です。

 選択肢ウですが、正味現在価値は、パーセントではなく、金額で表示されます。なお、内部収益法はパーセントで表示されます。そのため不適切です。

 選択肢エですが、正味現在価値法と内部収益法はともにDCF法であるまでは適切ですが、プロジェクトのキャッシュ・フローの動きによって、その優劣の結果が異なる場合があります。そのため、適切です。

 したがって、選択肢エが正解です。

 このように、投資評価基準の4つの方法である、会計的投資金利利益率法、正味現在価値法、内部収益率法の特徴については、頻出テーマであるため、それぞれの方法の特徴や相違点を理解する必要があります。


学習するには

財務会計

 2-7 投資評価


<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる