財務会計 令和元年 第21問 - WACC:加重平均資本コスト

ピックアップ過去問解説

問題

負債と純資産の構成が2:1の企業がある。この企業の税引前負債資本コストが3%(税率は30%)、株主資本コスト12%であるときの加重平均資本コストとして、最も適切なものはどれか。


ア 3.8%

イ 5.4%

ウ 7.5%

エ 9.0%


解答・解説

解答:イ

 加重平均資本コスト(WACC)に関する問題です。

特に難しい点もなく、基本的なポイントを問いている平易な問題ですので落ち着いて計算すれ、正解できます。WACCを求める公式は以下のようになります。

本試験対策としては、上記の公式を使って一つ一つ計算するより、以下のようにBOX図を書いて計算したほうが、間違いが少なくなります。




上記のBOX図をもとに、順番に計算していきます。

WACC = 2 ÷ 3 ×(1-0.3)× 0.03 + 1 ÷ 3 ×0.12 = 0.014 + 0.04 = 5.4%

したがって、選択肢イが正解です。


学習するには

財務会計

 2-8資本市場と資本コスト

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き