財務会計財務会計 令和元年 第20問 - 資金調達

ピックアップ過去問解説

問題

資金調達に関する記述として、最も適切なものはどれか。


ア 企業が証券会社や証券市場を介して、投資家に株式や債券を購入してもらうことで資金を集める仕組みを間接金融と呼ぶ。

イ 資金調達における目的は、売上高の極大化である。

ウ 資産の証券化は、資金調達手段として分類されない。

エ 利益の内部留保や減価償却による資金調達を内部金融と呼ぶ。



解答・解説

解答:エ

 本問では、資金調達に関する基礎的な知識に関して問われています。

 外部金融・内部金融、他人資本・自己資本の分類について理解していれば、容易に正解できる問題です。まず、資金調達の区分について以下のように整理します。


 これを踏まえて、選択肢についてみていきます。

選択肢アですが、株式や債券については、直接金融にあたります。よって、アは不適切です。

選択肢イですが、資金調達における目的は、売上の極大化も目的の一つではありますが、それ以外にも、コスト削減や企業価値の最大化なども、資金調達の目的になることもあります。よって、イは不適切です。

選択肢ウですが、資産の証券化とは、企業などが保有する債権や不動産などを売却して、これらの資産が生み出す収益を裏付けに証券を発行して、投資家に売却する行為のことを指します。この行為も資金調達の一つです。よって、ウは不適切です。

選択肢エですが、利益の内部留保(≒利益剰余金)や減価償却による資金調達は、内部金融と呼ばれます。よって、エは適切です。

したがって、選択肢エが正解です。

資金調達に関連する出題は多いですが、今後も視点や切り口を変えた出題も予想されます。周辺の論点も含めて、総合的に解答を導き出せるようにしておきましょう。


学習するには

財務会計

 2-8資本市場と資本コスト

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


人気のコンプリートコースが
受講料10,000円OFF!
【7/31】まで

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]※2020年合格コース付

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます。先取り学習できる「2020年度版合格コース」付詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる