財務会計 令和元年 第14問 - デリバティブ

ピックアップ過去問解説

問題

オプションに関する記述として、最も不適切なものはどれか

ア オプションの価格は、オプションを行使した際の価値、すなわち本質的価値と時間的価値から成り立っている。

イ オプションの時間的価値はアット・ザ・マネーのとき、最大となる。

ウ コールオプションにおいて、原資産価格が行使価格を上回っている状態を、イン・ザ・マネーと呼ぶ。

エ 本質的価値がゼロであっても、時間的価値が正であれば、オプションを行使する価値がある。



解答・解説

解答:エ

 本問では、デリバティブの中で、オプション取引に関して問われています。

まず、オプションについての基礎的な知識を復習します。

オプションの価格構成は、「オプション料=本質的価値+時間的価値」で構成され、それぞれの用語の意味は以下の通りです。

また、こういった原資産価格と権利行使価格との関係性によって、オプションは次の3つの状態に分類されます。


これを踏まえて、選択肢についてみていきます。

 選択肢アですが、オプションの価格は、「オプション料=本質的価値+時間的価値」で構成されます。そのため、適切です。

 選択肢イですが、「時間的価値」とは、権利行使期日までの間にオプションの価値が高くなる可能性への期待感のことをいいます。例えば、「本質的価値」が「アウト・オブ・ザ・マネー」のオプションであっても、権利行使期日までに原資産価格が高騰して「イン・ザ・マネー」の状態となる可能性があります。この可能性を「時間的価値」と呼びます。そのため、コールでは原資産価値が権利行使価格を下回っている状態である、「アウト・オブ・ザ・マネー」のオプションよりも原資産価格が権利行使価格と等しい状態である「アット・ザ・マネー」のオプションの方が「イン・ザ・マネー」に推移する可能性が高いため、「アット・ザ・マネー」のオプションの「時間的価値」が最も高くなります。そのため、適切です。

 選択肢ウですが、「コールオプション」においては、原資産価格が行使価格を上回っている状態を「イン・ザ・マネー」と呼ぶため、適切です。

 選択肢エですが、「本質的価値」とは、現時点でオプションの権利を行使したら得られる利益のことをいい、「時間的価値」とは、権利行使期日までの間にオプションの価値が高くなる可能性への期待感のことをいいます。そのため、時間的価値が「プラス」であったとしても、本質的価値が「ゼロ」の状況でオプションを行使すれば利益を得ることはできないため、オプションを行使する価値はありません。そのため、不適切です。

したがって、選択肢エが正解です。


学習するには

財務会計

 2-9 現代のファイナンス

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税別)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます
詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる