運営管理 平成30年 第33問 - パレット

ピックアップ過去問解説

問題

物流におけるユニットロードおよびその搬送機器に関する記述として、最も適切なものはどれか。

〔解答群〕

ア 一貫パレチゼーションとは、発地から着地までの間、保管用のパレットから輸送用のパレットへの積み替えを繰り返しながら、パレットに荷を積載し続けて物流を行うことである。
イ 平パレットは、主にプラスチックまたは鋼材で作られており、木製のパレットはほとんど使用されていない。
ウ 平パレットは、ワンウェイパレットとして利用されることが一般的である。
エ ロールボックスパレットは、フォークリフトなどを用いずに人力だけでも荷役することができる。

解答・解説

解答:

本問は、ユニットロードの一つであるパレットに関する出題です。ユニットロードとは、コンテナやパレットなどを使用し、複数の貨物をひとまとめにして、1つの貨物にしたものです。貨物をユニットロードにすることで、輸送や荷役の効率化が図れます。

選択肢アでは、一貫パレチゼーションについての記述です。一貫パレチゼーションは、荷物を出発地から到着地まで同一のパレットに乗せたまま輸送・保管することをいいます。従って、積み替えをするという記述は不適切です。

選択肢イ、ウでは、平パレットについての記述です。平パレットは非常によく利用されるパレットです。平パレットは木製、鋼製、プラスチック製があり、荷物をパレットの上においてフォークリフト等で作業するものです。従って、選択肢イの木製のパレットはほとんど使用しないという記述は不適切です。

ワンウェイパレットは、使い捨てのパレットです。一回限りの使い捨てのパレットで、プラスチック製パレットがよくつかわれます。従って、平パレットには木製や鋼製のものもあるため、選択肢ウの記述は不適切です。

選択肢エでは、ロールボックスパレットについての記述です。ロールボックスパレットという用語からは思いつきづらいのですが、かご形状のキャスター付きパレットです。荷物を積み重ねて大量運搬することが可能です。かご台車とも呼ばれます。従って、人力だけでも荷役することができるので、記述は適切で、正解となります。


学習するには

運営管理

 3−9 物流と流通情報システム

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


2020年度ストレート合格を目指すのに最適!

今から始める方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019+2020年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥2,559 × 24回から

基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる