運営管理 平成19年 第16問 - 定量発注方式

ピックアップ過去問解説

問題

 日々変動する需要に対して定量発注方式を用いる在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 一定の発注点と発注量に対し、需要量変動が増加すると、年間の品切れ量は、減少する。
イ 一定の発注点と発注量に対し、納入リードタイムが短くなると、年間の品切れ量は、増加する。
ウ 一定の発注点に対し、発注量を増加させると、年間の品切れ量は、減少する。
エ 一定の発注量に対し、発注点を高くすると、年間の品切れ量は、増加する。

解答・解説

解答:ウ

定量発注方式についての問題です。

発注量の計算などが無く、基本的な内容ですので、確実に正解したい問題です。

まず、定量発注方式を復習しておきましょう。

定量発注方式は、在庫量が減ってきて発注点に達したときに、毎回同じ一定量(経済的発注量)を発注する方式です。

例えば、米が残り1Kg(発注点)になったときに、毎回5Kg(経済的発注量)を注文するようなイメージです。

定量発注方式は、始めに発注点と経済的発注量を決めておけば、後は在庫量だけチェックしておけばよいので、管理が簡単なのがメリットです。

一方、需要の変動が大きいと、品切れのリスクがあります。例えば、米の例だと、1週間後に沢山の友人を招いて手巻き寿司をする場合には、米が品切れになるリスクが高くなります。

需要の変動が大きい場合は、需要予測に合わせて毎回の発注量を決める定期発注方式の方が合理的です。

これぐらいまで理解しておけば、この問題は正解することができます。

では、選択肢を見ていきましょう。

アは、米の例でもわかるように、需要量変動が増加した場合は、品切れのリスクは高まります。よって、選択肢は不適切です。

イは、納入リードタイムが短くなった場合の記述です。例えば、米を配達してもらう場合、注文から納入されるまでが納入リードタイムです。
納入リードタイムが短くなれば、足りなくなりそうな時にタイムリーに届くことになります。よって、選択肢は不適切です。

ウは、発注量を増やした場合の記述です。米の例であれば、毎回5Kgではなく、10Kgを注文することです。
この場合は、発注の間隔が長くなりますので、年間の品切れの量は減少します。よって、選択肢は適切です。

エは、発注点を高くした場合の記述です。米の例であれば、残り1Kgで発注することから、残り2kgに増やすことです。この場合は、品切れリスクは低下します。よって、選択肢は不適切です。

今回は、定量発注方式の基本的な理解が重要な問題でした。



学習するには

運営管理

 3-4 資材・在庫管理

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


2020年度ストレート合格を目指すのに最適!

今から始める方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる