輸送手段 - 中小企業診断士 運営管理 令和2年 第36問

ピックアップ過去問解説

問題

輸送手段等に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  RORO(roll-on roll-off)船は、フェリーと同様に、トラックと運転者を一緒に輸送することができる船舶であり、いわゆる旅客船のことである。

イ 中継輸送とは、長距離あるいは長時間に及ぶトラック輸送のときに、 1 人の運転者が輸送途中で休憩しながら発地から着地まで一貫して輸送することをいう。

ウ 鉄道輸送には、トラック輸送に比べて、荷主が出発時間を自由に指定することができるという長所がある一方で、輸送トンキロ当たりの二酸化炭素排出量が多いという短所もある。

エ トラックの時間当たりの実車率を高める方策の 1つは、納品先での納品待機時間など手待ち時間を削減することである。

オ トラック輸送では、 1 台のトラックに荷主1社の荷物だけを積載する貸切運送しか認められていない。


解答・解説

解答:エ

輸送手段に関する問題です。

選択肢アですが、RORO船とは貨物を積載したトラックやトレーラー等の車両をそのまま船内に積み込んで輸送できる貨物用船舶です。したがって、旅客船ではないため不適切な記述です。

選択肢イですが、中継輸送は、1人の運転者ではなく複数のドライバーが中継地で交代しながら輸送を行う方法です。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、トラック輸送のほうが、鉄道輸送よりも出発時間を自由に指定することができます。また、運送キロトン当たりの二酸化炭素排出量は、鉄道よりもトラック輸送のほうが多くなります。トラック輸送から鉄道や船舶に輸送手段をかえて、二酸化炭素排出量を減らす取り組みをモーダルシフトといいます。したがって、不適切な記述です。

選択肢エですが、トラックの時間当たりの実車率とは、総走行時間に対する実走行時間の割合のことです。納品先での納品待機時間は総走行時間に含まれますが、実走行時間にはふくまれません。したがって、手待ち時間の削減は時間当たりの実車率を高めることになります。したがって適切な記述です。

選択肢オですが、トラック輸送では、貸切運送だけでなく、混載運送も認められています。したがって、不適切な記述です。


学習するには

運営管理

3-9物流と流通情報システム 物流

基礎から着実に学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022+2023年度試験対応]

一括 53,900円~
分割例 月々 4,600円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる