需要予測 - 中小企業診断士 運営管理 令和2年 第35問

ピックアップ過去問解説

問題

需要予測に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア これから発売する新商品の需要の予測を行う場合には、移動平均法が適している。

イ 指数平滑法を用いた需要予測は、当期の実績値と前期の実績値を加重平均して、次期の予測値を算出するものである。

ウ 重回帰分析による需要予測では、適切な変数を選択すれば、需要に影響を与える各変数の影響を回帰係数として推定できる。

エ 重回帰分析を行うに当たって説明変数を選定する際には、各説明変数の間に高い相関が認められるものを選ぶ方が良い。

オ 直前の需要の変化に対応した予測を行う場合には、指数平滑法を用いることができない。


解答・解説

解答:ウ

需要予測に関する問題です。重回帰分析について問う難易度の高いものとなっています。

選択肢アですが、移動平均法では、直近の複数のデータの平均値により需要予測を行うため、新商品のように実績データのない商品の予測を行うことはできません。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、指数平滑法による次期の予測値は以下のように算出されます。

次期予測値=当期予測値+α(当期実績値-当期予測値)

α;平滑化指数

したがって、当期の実績値と前期の実績値を加重平均するものではなく、当期実績値と当期予測値の差に平滑化指数を乗じて、当期予測値に加えたもので次期予測値を算出するものです。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、重回帰分析では、2つ以上の要因(説明変数)と、それによって得られる結果(目的変数)との関係を、回帰係数として推定することができます。したがって、適切な記述です。

選択肢エですが、重回帰分析では、各説明変数間に高い相関が認められるものを選ぶと、本来プラス要因の説明変数をマイナス要因としてしまうというように適切な分析結果が得られなくなることがあります。したがって、不適切な記述です。

選択肢オですが、指数平滑法は、選択肢イのとおり、直前の実績値と直前の予測値を用いることから、直前の需要の変化に対応した予測ができます。したがって、不適切な記述です。


学習するには

運営管理

3-3 生産計画と生産統制 生産計画

基礎から着実に学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022+2023年度試験対応]

一括 53,900円~
分割例 月々 4,600円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる