商店街実態調査報告書 - 中小企業診断士 運営管理 令和2年 第26問

ピックアップ過去問解説

問題

中小企業庁『平成 30 年度商店街実態調査報告書』から確認できる記述として、最も適切なものはどれか。

ア  1 商店街当たりのチェーン店舗数は、前回調査(平成 27 年度調査)よりも減少している。

イ  1 商店街当たりの店舗数は、前回調査(平成 27 年度調査)よりも増加している。

ウ 外国人観光客の受け入れについては、過半数の商店街が取り組みを行っている。

エ 商店街組織の専従事務職員は、 0 名の商店街の割合が最も低い。

オ 商店街の業種別店舗数では、飲食店の割合が最も高い。


解答・解説

解答:オ

平成30年度商店街実態調査報告書に関する問題です。

選択肢アですが、1商店街当たりのチェーン店舗数は増加(平成27年度調査4.1店→今回調査5.7店)しています。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、1商店街当たりの店舗数は減少(平成27年度調査54.3店→今回調査50.7店)しています。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、外国人観光客の受け入れについて取り組んでいない商店街が多い(行っていない商店街は77.6%、行っている商店街は8.7%)ため、不適切な記述です。

選択肢エですが、商店街組織の専従事務職員(パート、アルバイトを含む)は0名の商店街が74.8%となっており、割合が最も高くなっており不適切な記述です。

選択肢オですが、商店街の業種別店舗数は飲食店(32.2%)が最も多いため適切な記述です。


学習するには

運営管理

3-7 店舗立地と店舗設計 商業集積

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き