中小企業診断士 運営管理
令和2年 第21問 -生産の合理化

ピックアップ過去問解説

問題

 生産の合理化に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア ECRS の原則とは、作業を改善する際に、より良い案を得るための指針として用いられる問いかけの頭文字をつなげたもので、最後にする問いかけはStandardization である。

イ 合理化の 3 S とは、標準化、単純化、専門化で、これは企業活動を効率的に行うための基礎となる考え方である。

ウ 単純化とは、生産において分業化した各工程の生産速度や稼働時間、材料の供給時刻などを一致させる行為である。

エ 動作経済の原則とは、作業を行う際に最も合理的に作業を行うための経験則で、この原則を適用した結果としてフールプルーフの仕組みが構築できる。


解答・解説

解答:イ

 生産の合理化に関する問題です。比較的取り組みやすい問題となっています。

選択肢アですが、ECRSの原則は「工程、作業、動作を対象とした分析に対する改善の原則」として用いられる問いかけです。ECRSはE(Eliminate:なくせないか)、C(Combine:一緒にできないか)、R(Rearrange:順序の変更はできないか)ですがSはStandardizationではなく、Simplify(単純化できないか)です。したがって、不適切な記述です。

選択肢 イですが、合理化の3Sは、標準化(Standardization)、単純化(Simplification)、専門化(Specialization)の総称であり、企業活動を効率的に行うための考え方です。したがって、適切な記述です。

選択肢ウですが、単純化とは、設計、品質構成、構造手法、職務システム等の複雑さを減らすことです。本肢の内容は同期化です。したがって、不適切な記述です。

選択肢エですが、動作経済の原則とは、作業者が作業を行うとき最も合理的に作業を行うために適用される経験則です。しかし、フールプルーフとは、ミスをした場合でも、そのミスによって生産上のエラーが発生しないように、組み込まれる仕組みで、動作経済の原則とは直接的関連はありません。したがって、不適切な記述です。


学習するには

経営法務

 3-5 IE 工程分析

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる