中小企業診断士 運営管理
令和2年 第17問 -標準時間

ピックアップ過去問解説

問題

 標準時間の設定に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a 作業を遂行するために必要と認められる遅れの時間が余裕時間で、観測時間に占める余裕時間の割合が余裕率である。


b 正常なペースと観測対象作業のペースを比較してレイティング係数を求め、ストップウオッチを用いて観測された観測時間の代表値をレイティング係数で割ることによって正味時間を求める。

c PTS 法では、人間の作業を基本動作に分解し、その基本動作の性質と条件に応じてあらかじめ決められた時間値を組み合わせて作業の標準時間を算出する。


d その仕事に適性をもち習熟した作業者が、所定の作業条件のもとで、必要な余裕をもち、正常な作業ペースによって仕事を遂行するために必要とされる時間が標準時間である。

[解答群]
ア aとb
イ aとc
ウ aとd
エ bとc
オ cとd



解答・解説

解答:オ

 標準時間の設定に関する問題です。

aの記述ですが、余裕時間とは「作業を遂行するために必要と認められる遅れの時間」ですが、余裕率は、観測時間ではなく、標準時間に占める余裕時間の割合です。したがって、不適切な記述です。

bの記述ですが、ストップウォッチを用いて観測された観測値の代表値をレイティング計数で割るのではなく、掛けることで正味時間を求めます。したがって、不適切な記述です。

cの記述ですが、PTS法とは、動作を微動作レベルまで分解し、微動作ごとの時間値をあらかじめ定められた動作要素時間値データから求めて、標準時間を設定することです。これにより、個人的判断は排除され、正確かつ公平な時間値を設定することができます。したがって、適切な記述です。

dの記述ですが、標準時間とは「その仕事に適性を持ち、習熟した作業者が所定の作業条件のもと、必要な余裕を持ち、正常な作業ペースによって仕事を遂行するために必要とされる時間」です。したがって、適切な記述です。

以上より、c、dが適切な記述で、選択肢オが正解となります。


学習するには

運営管理

 3-5 IE 時間研究

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる