DI分析 - 中小企業診断士 運営管理 令和2年 第15問

ピックアップ過去問解説

問題

工場レイアウトを分析する手法の 1 つとして、DI(Distance-Intensity)分析がある。DI 分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア Distance は工程間の運搬頻度を表す。

イ Intensity はレイアウトを変更すれば、それに伴い変化する。

ウ DI 分析では、現状レイアウトの弱点を発見することができる。

エ DI 分析で右下にプロットされた工程間の運搬については、ベルトコンベアを利用する。


解答・解説

解答:ウ

DI分析に関する問題です。

DI分析とは生産現場における生産設備等の間の距離(Distance)と運搬量を表す関係強度(Intensity)を図時し、レイアウト案の評価を行うときなどに用いられる分析手法です。

選択肢アですが、Distanceとは、工程間の距離を示すため、不適切な記述です。

選択肢イですが、レイアウトを変更すればDistanceは変化しますが、Intensity(運搬量)は生産量や生産方法によるためレイアウトによって変化するものではありません。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、DI分析によって、現在レイアウトの弱点、例えば運搬量が多い生産設備間の距離が長いレイアウトになっているといった弱点を発見することができます。したがって、適切な記述です。

選択肢エですが、DI分析では、横軸をD(Distance)、縦軸をI(Intensity)とします。右下にプロットされた工程間の運搬は、Distanceが長く、Intensity(運搬量)が少ないため、運搬車両等が利用されます。ベルトコンベアは、Distanceが短く、Intensityが大きい場合に用いられます。したがって、不適切な記述です。


学習するには

運営管理

3-2 工場計画と開発設計 工場計画

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き