運営管理 令和元年 第8問 - 需要予測

ピックアップ過去問解説

問題

需要予測に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 過去の観測値から将来の需要量を予測するために移動平均法を利用した。

イ 過去の観測値ほど重みを指数的に増加させるために指数平滑法を利用した。

ウ 工場の新設に当たっての設備能力を決定するために短期予測を利用した。

エ 次週の生産計画を立案するために長期予測を利用した。


解答・解説

解答:ア

 本問は需要予測について問われています。基本的な問題で難易度は高くありません。

では選択肢を見ていきましょう。


選択肢アですが、移動平均法は直近までの一定期間の過去データ平均により将来の予測値とする手法であるため、適切な記述です。


選択肢イですが、指数平滑法は以下の式(1)で計算することで、今期実績値と今期予測値の影響を来期予測値にどの程度反映させるかを調整します。

来期予測値 = 今期予測値 + 平滑化指数 X (今期実績値 - 今期予測値)→式(1)

また、指数平滑法による予測は、以下の式による計算方法も用いられることがあります。

来期予測値=今期実績値×0.5+前期実績値×(0.5の2乗)+前々期実績値×(0.5の3乗)+前々々期実績×(0.5の3乗)+・・・式(2)

式(2)では、今期、つまり直近の観測値ほど重みを指数的に増加させることがわかります。従って、過去の観測値ほど重みを指数的に増加させる、という記述は不適切です。


選択肢ウですが、工場の新設にあたっての設備能力の決定には短期予測は利用されません。設備の耐久性、設備により製造される製品の需要に関する長期予測を踏まえた工場への投資額及び投資後のキャッシュフローからの投資意思決定が必要となります。従って、不適切な記述です。


選択肢エですが、次週の生産計画に対しては、今週の生産実績や次週末までの生産目標が重要な決定要素となるため、短期予測を利用します。従って、不適切な記述です。


学習するには

運営管理

 3-3 生産計画と統制

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

人気のコンプリートコースが
受講料10,000円OFF!
【7/31】まで

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]※2020年合格コース付

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます。先取り学習できる「2020年度版合格コース」付詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる