運営管理 令和元年 第21問 -動作経済の原則

ピックアップ過去問解説

問題

動作経済の原則に基づいて実施した改善に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a 機械が停止したことを知らせる回転灯を設置した。

b 径の異なる2つのナットを2種類のレンチで締めていたが、2種類の径に対応できるように工具を改良した。

c 2つの部品を同時に挿入できるように保持具を導入した。

d プレス機の動作中に手が挟まれないようにセンサを取り付けた。


〔解答群〕

ア aとb

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

オ cとd


解答・解説

解答:ウ

 本問は、動作経済の原則に関する問題です。直接、動作経済の原則を問うのではなく、動作研究の原則に基づいて実施した改善、を問うているため難易度がやや高いものです。

では、動作経済の原則について確認しましょう。

動作経済の原則は、疲労を少なくして、できるだけ少ないエネルギーで楽に作業をするための原則です。動作経済の原則には、様々なものがあります。

・身体の使用:できるだけ両手を同時かつ左右対称に使うこと、できるだけ小さい動作で仕事をすること、できるだけ重力や慣性などを利用すること、自然な姿勢でリズム良く作業することなど

・作業場の配置:物は手の届く範囲で体の前方に配置すること、作業台や椅子は正しい姿勢が取れるようにすることなど

・工具や設備:手で保持する代わりに工具などで保持すること、使いやすい専用の工具を使用することなど

では、各記述を見ていきましょう。

aの記述ですが、回転灯の設置は機械の停止を知らせる目的なので、人の疲労を少なくすることが目的ではありません。従って、不適切な記述です。

bの記述ですが、2種類の径に対応できるように工具を改良することで、作業が削減されるため効率的になり、疲労を少なくします。従って、適切な記述です。

cの記述ですが、保持具導入により2つ部品を同時に挿入することができ、作業が削減されるため効率的になり、疲労を少なくします。従って、適切な記述です。

dの記述ですが、センサは人の疲労を少なくするためではなく、プレス機の動作中に手が挟まれないようにするためですので、不適切な記述です。

従って、選択肢ウが正解です。


学習するには

運営管理

 3-5 IE

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税別)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます
詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる