経済学・経済政策 平成23年第14問 - パレート最適

ピックアップ過去問解説

問題

2人からなる社会におけるパレート最適性に関する説明として最も適切な ものはどれか。

ア パレート最適性の基準は、資源配分と所得分配の最適化を同時に達成するものである。

イ パレート最適ではない状態から配分を変更するのであれば、必ず他の個人を不利にせずにある個人を有利にできる。

ウ パレート最適な状態から配分を変更してパレート最適ではない状態へ移行するとき、必ず他の個人を不利にせずにある個人を有利にできる。

エ パレート最適な状態から配分を変更して別のパレート最適な状態へ移行するとき、ある個人を有利にすれば、必ず他の個人は不利になってしまう。


解答・解説

解答:エ

ミクロ経済学から、パレート最適について問われています。パレート最適の定義を覚えていた人は、正解できる問題です。

まず、パレート最適について簡単に復習しておきましょう。

パレート最適とは、他の誰かの効用を犠牲にしない限り、他の誰かの効用を改善できない状況を言います。

パレート効率的な状態とは、効用が最も高くなるように、無駄なく資源配分されている状態を表します。

例えば、りんごが10個ある時に、りんごが好きな消費者Aと、りんごが嫌いな消費者Bに対して、同じ5個のりんごを配分する場合は、パレート効率的ではありません。

これは、消費者Bのりんごを、消費者Aに渡すことで、消費者Bの効用を下げることなく、消費者Aの効用を高めることができるからです。

ここまでを押さえた上で、順番に選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、パレート最適の基準に関する記述です。パレート最適は、資源配分に関する定義であり、所得分配については触れられていません。よって、アの記述は不適切です。

選択肢イは、パレート最適でない状態からの配分の変更についてです。確かに、パレート最適ではない状態から配分を変更する場合、他の誰かの効用を犠牲にせずに、他の誰かの効用を改善することができます。しかし、「必ずしも他の誰かの効用を犠牲しない」というわけではありません。

例えば、りんごが7個ある時に、消費者Aに3個、消費者Bに2個配分されているとします。この場合、2個のりんごが余っているため、無駄がありパレート最適な状態ではありません。

そして、この状態から、消費者Aに2個、消費者Bに5個と配分を変更したとします。この場合、消費者Bはりんごが5個となり効用が上がりますが、消費者Aはりんごの配分が減り効用が減少します。よって、イの記述は不適切です。

選択肢ウは、パレート最適な状態からの配分の変更についてです。

パレート最適の定義は、「他の誰かの効用を犠牲にしない限り、他の誰かの効用を改善できない状況」です。よって、パレート最適な状態から配分を変更する場合は、他の誰かの効用が犠牲となるため、ウの記述は不適切です。

選択肢エは、パレート最適な状態から、別のパレート最適な状態への配分の変更です。選択肢ウでも説明した通り、パレート最適な状態から配分を変更する場合は、他の誰かの効用が犠牲となります。これは、別のパレート最適な状態へ変更する場合も同様です。

よって、エが正解となります。


学習するには

経済学・経済政策

 5-3 市場均衡

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

2020年度ストレート合格を目指すのに最適!

今から始める方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2020年度試験対応]

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる