失業 - 中小企業診断士 経済学・経済政策 令和2年 第8問

ピックアップ過去問解説

問題

 失業に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 完全失業率は、完全失業者が 20 歳以上の労働力人口に占める割合である。

イ 構造的失業は、賃金が伸縮的であれば発生しない。

ウ 循環的失業は、総供給の不足によって生じる。

エ 摩擦的失業は、労働市場が正常に機能していても発生する。


解答・解説

解答:エ

 失業に関する問題です。失業の種類についての知識が問われていますが、用語の知識がなければやや難易度が高いかもしれません。

選択肢アですが、完全失業とは、15歳以上の働く意欲のある人(労働人口)のうち、職がなく、求職活動をしている人(完全失業者)の割合をいいます。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、構造的失業とは、需給バランスではなく、産業・就業構造の変化により生じる失業です。賃金が伸縮的であっても発生します。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、循環的失業とは、景気循環に応じて生じる失業です。総供給の不足ではなく、総需要の不足によって生じます。したがって、不適切な記述です。

選択肢エですが摩擦的失業とは、企業が求めるスキル、求職者が希望する労働条件など企業と求職者の双方が相手側の求める条件を正確に把握していないことによって生じる失業です。労働市場が正常に機能していても発生します。したがって適切な記述です。


学習するには

経済学・経済政策

 5-7 労働市場と主要理論

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース
[2024+2025年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

今すぐ使える!3つの特典

  • 最短合格を目指す戦略がわかるセミナー!
    「短期合格の戦略」をいますぐ視聴!
  • 合格者多数輩出講座の初回版を実際に体験!
  • フルカラーだからわかりやすい
    初回版学習マップ&テキストをプレゼント!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
試験突破のノウハウを凝縮!
学習をいますぐスタートできる
加速合格法をプレゼント!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き