独占的競争市場 - 中小企業診断士 令和2年 第20問 経済学・経済政策

ピックアップ過去問解説

問題

居酒屋は独占的競争市場の一例として考えられている。このような独占的競争市場における居酒屋に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a この居酒屋は、周囲の居酒屋が価格を下げた場合でも、製品差別化のおかげで需要が減少することはない。
b この居酒屋は、正の利潤を見込んで新規の居酒屋が多数参入してくると、製品が差別化されていたとしても、長期的に利潤はゼロになる。
c この居酒屋は、他の居酒屋とは差別化したメニューを出しているので、価格支配力を持つ。
d この居酒屋は、プライス・テイカーである。


[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd


解答・解説

解答:ウ

独占的競争市場に関する問題です。難易度は高くなく取り組みやすい問題です。

まず、独占的競争市場について見ていきましょう。

独占的競争市場は、多くの企業が他の競争相手とは差別化された製品を提供している環境をいいます。

独占市場との違いは、独占市場では、独占企業が提供する製品が「同質的」であるのに対し、独占的競争では「異質的」であることです。独占的競争市場では企業が製品に対し、同質ではなく製品ごとに差別化させており(異質的)、自ら価格を設定します。従って、独占的競争市場において企業は、プライス・テイカー(完全競争市場)ではなくプライス・メーカーとなります。

例えば、パソコンの市場では、メーカーによってそれぞれにスペックやデザイン等から差別化要因を打ち出して販売しています。この異質性が単なる価格競争に陥らない状況を作っています。パソコン市場に限らず、差別化要因を打ち出しているという点から衣料品、家具、食品等多くの市場が該当します。

では、選択肢を見てみましょう。

aですが、周囲の居酒屋が価格を下げれば、競争が生じ、需要が減少するため、不適切な記述です。

bですが、正の利潤を見込んで、新規の居酒屋が多数参入してくれば、製品が差別化されていたとしても、長期的に利潤はゼロになります。したがって、適切な記述です。

cですが、独占的競争市場では各企業は価格支配力を持ちます。したがって、適切な記述です。

dですが、価格支配力を持つのは、プライス・メーカーであり、プライス・テイカーではありません。したがって、不適切な記述です。

以上より、bとcが適切な記述ですので選択肢ウが正解となります。

学習するには

経済学・経済政策
5-4 「不完全市場と市場の失敗」◆寡占市場

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き