経済学・経済政策 令和元年 第6問 - 日本銀行の金融政策と貨幣

ピックアップ過去問解説

問題

 日本経済は、日本銀行による金融政策から影響を受けている。貨幣に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a 中央銀行が買いオペを実施すると、マネタリー・ベースが増加する。

b マネー・ストックM1は、現金通貨、預金通貨、準通貨、譲渡性預金の合計である。

c マネー・ストックをマネタリー・ベースで除した値は「信用乗数」と呼ばれる。

d 準備預金が増えると、信用乗数は大きくなる。


〔解答群〕

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd


解答・解説

解答:ア

 日銀の金融緩和政策に関する問題です。基本的な問題なので難易度は高くありません。

では、各記述を見ていきましょう。


 aの記述ですが、中央銀行の買いオペとは、日銀が市場から債券を買い、資金を市場に供給することでマネタリー・ベースを増加させる日銀の市場操作です。従って、選択肢は適切な記述です。


 bの記述ですが、マネー・ストックM1には、定期預金、譲渡性預金は含まれません。記述の内容はM2の定義になります。

M1=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金通貨

となります。M2ではゆうちょ銀行の貯金は除かれますが、M1では含まれ、また農協・信用組合・労働金庫の預金なども含まれます。従って、不適切な記述です。


 cの記述ですが、信用乗数は貨幣乗数ともいわれます。

信用乗数(貨幣乗数)=マネー・ストック/マネタリー・ベース

で計算されます。なお、マネタリー・ベースはハイパワード・マネーともいわれます。

ハイパワード・マネー=流通現金通貨+準備預金

となります。従って、適切な記述です。


 dの記述ですが、準備預金を増加させると、マネタリー・ベースも上昇します。マネタリー・ベースは信用乗数算出の分母ですので、上昇すると、信用乗数は低下します。

信用乗数(貨幣乗数)↓=マネー・ストック/マネタリー・ベース↑


 従って、不適切な記述です。

以上より、aとcが適切な記述であるため、選択肢アが正解となります。


学習するには

経済学・経済政策

 5-6 貨幣市場とIS-LM分析

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる