共有資源 - 中小企業診断士 経済学・経済政策 令和元年 第17問

ピックアップ過去問解説

問題

 海洋資源などの共有資源に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


a 共有資源の消費に対する無償の許可は、共有資源の消費の効率化につながる。

b 共有資源の消費に対する有償の許可は、共有資源の消費の効率化につながる。

c 共有資源は、消費に競合性があるが、排他性のない財として定義できる。

d 共有資源は、消費に排他性があるが、競合性のない財として定義できる。


〔解答群〕

ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd


解答・解説

解答:ウ

 共有資源(公共財)に関する問題です。共有財の性質に関する基本的理解を問うもので難易度は高くありません。


 では共有資源について確認しましょう。

 共有資源は、2つの性質を持つ財です。その性質とは、(消費の)競合性と非排除性です。

競合性は、誰かがその財を消費すると、他の誰かが消費できる量が減ることです。例えば、水産資源は、対価を支払わなくても漁獲が可能です。しかし、漁場が乱獲されると水産資源が枯渇して、すべての漁業者が不利益を被ります。

非排除性は、対価を払わない人を排除するのが難しいことです。例えば、テレビ放送は、テレビがあれば誰でも受信できてしまうため、対価を払わない人を排除するのが難しくなっています。


 では、各記述を見ていきましょう。

 aの記述ですが、共有資源の消費に対する無償の許可は、対価を求めないため浪費や乱獲する人を排除することができないため、非効率になります。従って、不適切な記述です。

 bの記述ですが、共有資源の消費に対する有償の許可は、対価を払わない人を排除することにより、浪費や乱獲する人を防止し、共有資源の消費の効率化につながります。従って、適切な記述です。

 cの記述ですが、共有資源は、誰かが乱獲すれば、他の人の収穫量が減ってしまいますので消費に競合性があります。一方で、だれでも収穫できる排他性の無い財です。従って、記述は適切です。

 dの記述ですが、共有資源には排他性がありませんが、誰かが乱獲すれば、他の人の収穫量が減るという競合性を有します。従って、不適切な記述です。


 以上から、bとcが適切であるため、選択肢ウが正解となります。


学習するには

経済学・経済政策

 5-4 不完全競争と市場の失敗

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き