組織におけるコンフリクト - 中小企業診断士 企業経営理論 令和3年 第19問

ピックアップ過去問解説

問題

 J.G.マーチ(J.G.March)とH.A.サイモン(H.A.Simon)は、コンフリクトを標準的意思決定メカニズムの機能不全としてとらえた。組織におけるコンフリクトに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 意思決定に必要な情報の入手先が多様になると、組織の参加者間で認識の差異は小さくなるので、個人間コンフリクトは少なくなる。

イ 組織全体の目標の操作性が低く、曖昧さが増すと、部門目標間の差異が許容される程度が高くなるので、部門間コンフリクトは少なくなる。

ウ 組織内にスラックが多く存在すると、部門間で共同意思決定の必要性が低下するので、コンフリクトは発生しにくくなる。

エ 部門間コンフリクトが発生した場合、政治的もしくは交渉による解決策を見いだすことが、コンフリクトの原因の解消に有効である。


解答・解説

解答:ウ

 組織のコンフリクトに関する出題です。コンフリクトの特徴について基本的な知識が問われています。コンフリクト=衝突・対立であることを覚えていれば、選択肢の内容から正解を導きやすい問題です。

コンフリクトとは、意見の衝突や対立を指します。組織においては利害関係の不一致や限られた資源の配分を巡って、部門間や個人間でコンフリクトが発生しやすくなります。組織が様々な考えや価値観を持った個人の集団である以上、コンフリクトは避けて通れません。

では、選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは不適切な記述です。意思決定に必要な情報の入手先が多様になると、個人の認識の差は大きくなりやすいため、個人間コンフリクトは発生しやすくなります。

選択肢イは不適切な記述です。組織全体の目標の操作性が低く、曖昧さが増すと、部門目標間の差異が許容される程度は低くなりますので、部門間のコンフリクトは発生しやすくなります。

選択肢ウは適切な記述です。組織内のスラックとは、経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)の余剰を意味します。組織内にスラックが多いと、部門間の資源依存関係は減少しますので、経営資源の活用を巡って部門間で調整を図る必要性は低下します。部門間の意見の違いで衝突する機会も少なくなるため、コンフリクトは発生しにくくなります。

選択肢エは不適切な記述です。コンフリクトを解消するためには、その原因に目を向け、交渉により相手を理解し、協力や和解へと解決策を見出すことが有効です。一方、政治的に解決を図る方法は一時的に解消することはあっても、コンフリクトの原因を根本から解消することにはなりません。

組織論において、コンフリクトは頻出テーマです。コンフリクトが発生する状況やコンフリクトを解消する方法について理解を深めておきましょう。


学習するには

企業経営理論

 1-6 組織と人材 集団の行動

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022+2023年度試験対応]

一括 53,900円~
分割例 月々 4,600円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる