CSR - 中小企業診断士 企業経営理論 令和3年 第13問

ピックアップ過去問解説

問題

 企業の社会的責任(CSR)は重要な戦略課題である。CSRに関する記述として、最も不適切なものはどれか

ア CSRで重要なのは、利益を獲得するプロセスにかかわりなく、ステークホルダー間で利益を公平に分配することである。

イ CSRとは、企業は社会に与える影響について責任を持ち、社会の持続的発展のために貢献すべきとする考え方と、それに基づいて実践される諸活動のことを指す。

ウ CSRを遂行するためには、企業は株主に対する責任のみならず、従業員、取引先、消費者、地域住民、行政、社会全体といった様々なステークホルダーに対する責任を自発的に果たさなければならない。

エ ISO26000は、企業のみならず、あらゆるタイプの組織の社会的責任に関する国際規格である。

オ 不祥事が生じないよう、企業がコンプライアンスを日ごろから徹底することは、CSRの一環である。


解答・解説

解答:ア

 企業の社会的責任(CSR)に関する出題です。CSRの基本的な知識が問われており、正解しやすい問題です。

CSRCorporate Social Responsibility)とは、企業が社会の中で果たすべき責任のことを指します。企業は存続するためには利益を上げ続ける必要がありますが、近年ではそれだけではなく、様々なステークホルダー(消費者、取引先、投資家、及び社会全体)へ責任を果たすことが求められています。

CSRの具体的な内容としては、株主還元やコンプライアンスディスクロージャー、環境問題への取り組みなどが挙げられます。これらの取り組みは、企業に義務付けられているものではなく、各々の企業が自主的に取り組む活動です。

では、選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは不適切な記述です。CSRでは、ステークホルダーへの責任を果たすことが求められますが、利益を公平に分配することが重要ではありません。企業は通常、最初に従業員への給与や取引先への支払いを済ませ、次に取引金融機関への返済を行い、そして政府への支払い(納税)を済ませて、最後に株主へ利益を還元します。当然、株主に還元できない場合もあり、ステークホルダー間での公平な分配が求められているわけではありません。

選択肢イは適切な記述です。CSRは、企業が目先の利益だけを追求するのではなく、自社の活動が社会に与える影響に責任を持ち、ステークホルダーの様々な要求に適切な意思決定をして、持続可能な社会を目指していく諸活動のことを指します。

選択肢ウは適切な記述です。CSRを遂行するためには、株主だけではなく、顧客・従業員・取引先・地域社会などのステークホルダーとの関係性を重視しながら、企業は自発的に社会的責任を果たすことが求められています。

選択肢エは適切な記述です。ISO26000は、国際標準化機構(ISO)が2010年に発行した「すべての組織を対象とする社会的責任に関する世界初の国際規格」です。社会的責任について、あらゆるタイプの組織に向けて開発されたガイダンス文書で、持続可能な発展への貢献を最大化することを目的にしています。

選択肢オは適切な記述です。コンプライアンスとは、法令遵守のことで、近年では不正防止や商品の安全性を守るなどの倫理的な問題、あるいは社会的なルールを守ることまで含まれます。企業がCSRを遂行する上でコンプライアンスはその根幹となります。

CSRは度々出題されますので、基本的な知識はしっかりと覚えておきましょう。


学習するには

企業経営理論

 1-4 現代の戦略 CSR

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き