多角化 - 中小企業診断士 企業経営理論 令和3年 第1問

ピックアップ過去問解説

問題

 多角化に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 企業における多角化の程度と収益性の関係は、その企業が保有する経営資源にかかわらず、外部環境によって決定される。

イ 情報的経営資源は、複数の事業で共有するとその価値が低下するため、多角化の推進力にはならない。

ウ 多角化の動機の1つとして、社内に存在する未利用資源の活用があげられる。

エ 多角化は規模の経済を利用するために行われる。


解答・解説

解答:ウ

 多角化に関する出題です。多角化の基本的な知識が問われています。

まず、多角化について簡単に確認しておきましょう。

多角化とは、企業が現在の事業以外の事業分野に進出することによって成長を図ることです。現在の事業と近い事業分野に進出することを関連(型)多角化、現在の事業と関係のない事業分野に進出することを非関連(型)多角化と呼びます。

では、選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは不適切な記述です。企業における多角化の程度と収益性の関係は、外部環境だけで決定されるものではありません。既存事業とのシナジー効果や組織スラック(余剰資源)の活用など、企業が保有する経営資源によっても決定されます。

選択肢イは不適切な記述です。情報的経営資源とは、ノウハウ・技術・熟練・顧客情報といった企業の内部に蓄積された資源と、顧客からの信用・イメージ・ブランドといった企業の外部に蓄積された資源を指します。情報的経営資源は複数の事業で共有することで、その価値はより一層高まるため、多角化の推進力となります。

選択肢ウは適切な記述です。企業が多角化を行う動機として、新分野進出による新たな成長機会の創出、複数事業によるリスク分散、既存事業とのシナジー効果の追求、余剰資源や未利用資源の有効活用があげられます。

選択肢エは不適切な記述です。多角化は規模の経済だけでなく範囲の経済を目的としても実行されます。範囲の経済とは、企業が複数の事業を行うことによりコスト面で有利な運営ができるようになることです。例えば、事業間で技術や生産設備、販売チャネル、ブランドなどを共有すると、事業はより経済的に行えます。

多角化は毎年のように出題されていますので、確実に点数が取れるようしっかりと理解しておきましょう。


学習するには

企業経営理論

 1-2 企業戦略 多角化戦略 

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き