中小企業診断士 企業経営理論
企業経営理論 令和2年 第9問 - ベンチャー企業の成功モデル

ピックアップ過去問解説

問題

 米国において起業家教育、起業家研究のパイオニアと称されるJ.A.ティモンズは、数多くのベンチャー企業の成功事例や失敗事例の調査から、事業機会、経営資源、経営者チーム、それらをコントロールする起業家からなる、ベンチャー企業が成功するためのモデルを構築した。

このモデルに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 事業機会、経営資源、経営者チームが常に適合していることが重要であり、不均衡が一時的にでも生じないように 3つの要素を管理する能力が起業家に求められている。

イ 事業機会、経営資源、経営者チームの 3つの要素が均衡することはまれであり、ベンチャー企業の経営は不安定であることを前提としているので、起業家の役割は不安定な状態にある 3つの要素のバランスを取ることである。

ウ 事業機会、経営資源、経営者チームの 3つの要素の中で、ベンチャー企業は優れた経営者チームによって始められることを前提としているので、経営者チームが他の要素と比べて弱くなる状態は想定していない。

エ 事業機会、経営資源、経営者チームの 3つの要素の中で最も重要なものは事業機会の発見であり、事業機会を実現するために必要な経営資源不足への対応は、起業家の役割ではない。


解答・解説

解答:イ

ティモンズのベンチャー企業の成功モデルに関する問題です。

それでは選択肢を見ていきましょう。

選択肢アですが、事業機会経営資源経営者チームが適合していることが重要ではありますが、常に適合させることはベンチャー企業では困難です。起業家がコントロールすることにより、バランスをとっていくことが求められます。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、選択肢アで解説した通りです。したがって、適切な記述です。

選択肢ウですが、ベンチャー企業が最初から優れたチームメンバーでスタートできるとは限りません。したがって経営者チームが他の要素と比べて弱くなることはあり得ます。したがって、不適切な記述です。

選択肢エですが、事業機会を実現するための必要な経営資源には、例えば資金があります。資金調達をはじめとする経営資源不足への対応は起業家の重要な役割です。また、資金供給元であるベンチャーキャピタルが、3つの要素の中で最も重視するのは経営者チームです。したがって、不適切な記述です。

企業経営理論

 1-4 現代の戦略 ベンチャー企業のマネジメント 

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる