ソサイエタル・マーケティング - 中小企業診断士 企業経営理論 令和2年第35問

ピックアップ過去問解説

問題

 ソサイエタル・マーケティングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 「啓発された自己利益(enlightened self-interest)」の考え方のもとで行われる社会貢献活動であるため、長期的あるいは間接的にも企業やブランドのイメージ、ブランド・ロイヤルティといったマーケティング成果への効果は期待されていない。

イ 消費者の長期的な利益あるいは社会的利益に配慮してマーケティングを行うということだけでなく、それを企業の長期的な経営計画と統合することを目指すマーケティングはサステイナブル・マーケティングと呼ばれるが、これとソサイエタル・マーケティングは同義で使われている。

ウ 製品の売上の一定額を社会的課題の解決のために寄付する行為はコーズリレーテッド・マーケティングとも呼ばれ、実務において社会的価値と密接に結びつけられたソサイエタル・マーケティングの一部である。

エ 病院、大学、協会、NGO などの非営利組織で培われた考え方を営利組織にも適用したマーケティングである。


解答・解説

解答:ウ

ソサイエタル・マーケティングに関する問題です。

ソサイエタル・マーケティングとは、企業の社会的影響力を考慮に入れつつ行う具体的マーケティング活動をいいます。社会的利益を考慮したマーケティングであり、グリーン・マーケティングやエコロジカル・マーケティングがあります。

選択肢アですが、企業の社会的影響力を考慮に入れたマーケティングですので長期的、間接的な企業やブランドのイメージ、ブランド・ロイヤルティといったマーケット成果への効果も期待されます。したがって不適切な記述です。

選択肢イですが、ソサイエタル・マーケティングは現在の企業ニーズ将来の消費者のニーズを満たすことに主眼が置かれています。それに対して、サステイナブル・マーケティングは、消費者の長期的な利益あるいは社会的利益を企業の長期的な経営計画と統合することですので同義ではありません。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、コーズリレーテッド・マーケティングとは売り上げによって得た利益の一部を社会的貢献の目的で寄付し、企業イメージの向上や売り上げの増加を目指すもので適切な記述です。

選択肢エですが、ソーシャル・マーケティングとは、マーケティングと社会とのかかわりを扱うもので「非営利組織のマーケティング」と「ソサイエタル・マーケティング」に大別されます。非営利組織のマーケティングでは、非営利組織にマーケティングの考え方や手法を適用するものです。一方、企業の社会的影響力を考慮したマーケティング活動はソサイエタル・マーケティングです。したがって、ソサイエタル・マーケティングは非営利組織で培われた考え方を営利組織にも適用したマーケティングではありませんので、不適切な記述です。

企業経営理論

 1-9 マーケティングの概要 マーケティングの基礎

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる