デジタル・マーケティング - 中小企業診断士 企業経営理論 令和2年 第31問

ピックアップ過去問解説

問題

 デジタル・マーケティングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  O2O 戦略は、デジタル時代の消費者がオンラインとオフラインを行き来し、認知・検討と購買が分離する傾向があるという問題への企業による対応策の 1 つである。

イ クラウドソーシングにより製品開発を行おうとする企業が、そのために開設するネットコミュニティにおいては、参加者同士のコミュニケーションが活発に行われなければ、製品開発は成功しない。

ウ プラットフォーマーとは、異なる複数のユーザー・グループを結びつけ、交流させて価値を創出しつつ、同時にこれらのユーザー・グループに向けて自社の製品・サービスの販売も行う事業者を指す。

エ ユーザーにとってのプラットフォームの価値は、ユーザー間のネットワーク効果によって作り出されるものであり、プラットフォーム自体によって作られるものではないから、プラットフォームを切り替えても特にスイッチングコストは発生しない。

オ レンタルでは製品の貸し手は自社で保有する製品を貸し出すが、シェアリング・サービスは製品を所有するユーザー間をマッチングするだけであり、シェアリング・サービスの事業者が製品を所有することはない。


解答・解説

解答:ア

デジタル・マーケティングに関する問題です。見慣れない用語が多く難易度がやや高い問題です。

では、選択肢を見ていきましょう。

選択肢アですが、O2O戦略は「Online to Offline」の略です。消費者をネット上(オンライン)からネット外の実店舗(オフライン)に呼び込むものです。デジタル技術が進み、多くの消費者がオンラインで情報収集し認知・検討を行い、そのうえでオフライン(実店舗)で購買するようになったことが要因です。オンライン上の情報によって実店舗に効果的に誘導できるようにする重要度が増しています。具体的にはクーポンの提供等があります。したがって、適切な記述です。

選択肢イですが、クラウドソーシングでは、不特定多数の人々に対して、公募形式で資源の提供を求めて、コンテンツの創造、問題解決や研究開発を行います。企業がクラウドソーシングにより製品開発を行おうとする場合にはネットコミュニティを開設してそこに消費者が参加します。なお、コミュニケーションの主導権は企業側にあるため、参加者同士のコミュニケーションが活発に行われなければ製品開発が成功しないというわけではありません。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、プラットフォーマーは物やサービスの利用者と提供者をつなぐ場であるプラットフォームを提供する事業者です。したがって、異なる複数のユーザー・グループを結び付け、交流させて価値を創造する点は正しいのですが、プラットフォーマーが自らプラットフォーム上でビジネスを行うことはほとんどないことから不適切な記述です。

選択肢エですが、プラットフォームの価値は、ユーザー間のネットワーク効果によって作り出されるものであり、プラットフォーム自体で作り出されるものではないことは正しいのですが、ネットワーク効果が重要であるため、スイッチングコストが発生します。したがって不適切な記述です。

選択肢オですが、現在ではシェアリング・サービス事業者自身が製品を保有している消費者にその製品を使用したい消費者とのマッチングをするだけでなく、自社で保有する製品を貸し出すことの両方を行っている例もあります。したがって、不適切な記述です。

企業経営理論

 1-12 プロモーション・応用マーケティング 関係性マーケティング

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる