広告 - 中小企業診断士 企業経営理論 令和2年 第30問

ピックアップ過去問解説

問題

広告に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア  BtoB マーケティングのコミュニケーションにおいては、受け手は特定少数の顧客であるため、広告は不要である。

イ 広告効果階層モデルのうち「DAGMAR モデル」は、Desire,Attention,Grade,Memory,Action,Recommendation を意味し、近年のオンライン上の消費者行動を表す。

ウ 広告予算の算出方法には売上高比率法、競争者対抗法、タスク法などがあるが、これらのどれも用いずに、単純に前期の広告予算実績に基づいて広告予算を決めている企業も多い。

エ テレビ CM でメッセージを途中まで流し、「続きはこちらで」などとして検索ワードを表示し Web に誘導しようとする方法は、「ステルス・マーケティング」として非難される場合が多く、消費者庁も注意を喚起している。


解答・解説

解答:ウ

広告に関する問題です。

それでは選択肢を見ていきましょう。

選択肢アですが、BtoBマーケティングではBtoCほどの広告は必要ないといっても、取扱い製品・サービスの情報や会社情報に関する広告は新規顧客の獲得、顧客の囲い込みには必要です。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、DAGMAR(ダグマー)理論とは広告の目標達成度合いを数値で評価する広告効果測定モデルのことです。Defining Adverting Goals for Measured Advertising Results の頭文字をとったものです。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、広告予算の算出法には、売上高比例法、競争者対抗法、タスク法などがありますが、単純に前期の広告予算実績に基づいて広告予算を決めている企業も多くあります。したがって、適切な記述です。

選択肢エですが、この内容は「ティーザー広告」です。ティーザー広告とは情報を小出しにして消費者の関心と注目を高めようとする「じらし」広告のことです。「ステルス・マーケティング」とは、消費者に宣伝行為、広告行為だと悟られないように行われる宣伝、広告活動のことをいいます。したがって、不適切な記述です。

企業経営理論

1-12 プロモーション・応用マーケティング 広告の対象

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる