コンピテンシー - 中小企業診断士 企業経営理論 令和2年 第22問

ピックアップ過去問解説

問題

 近年の日本では、従業員や求職者が企業にどれだけ貢献できるかについて、採用、能力開発、処遇などの面で、測定・把握しようという動きがある。そのような中で関心が集まっている概念に「コンピテンシー(competency)」がある。

コンピテンシーに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 実際にあげられた顕著な個人的成果は、因果に関わりなく、コンピテンシーに含まれる。

イ 性格やパーソナリティについては、直接的に観察することが難しいため、コンピテンシーには一切含まれない。

ウ 組織内外の人々との関係性の中で培われた肯定的な評判によって達成された職務上の高い成果や業績は、コンピテンシーに含まれる。

エ 組織の成果に結びつく同僚支援という行動特性は、コンピテンシーに含まれる。


解答・解説

解答:エ

コンピテンシーに関する問題です。

コンピテンシーとは、「職務上の高い成果や業績と直接結びつき、行動として顕在化する職務遂行能力」と定義され、パーソナリティや知的能力を包含する概念です。成果や業績ではなく、能力である点がポイントです。

選択肢アですが、顕著な個人的成果は、職務遂行能力自体ではありません。したがって、不適切な記述です。

選択肢イですが、上記のように性格やパーソナリティはコンピテンシーに含まれます。したがって不適切な記述です。

選択肢ウですが職務上の高い成果や業績はコンピテンシーに含まれません。したがって、不適切な記述です。

選択肢エですが、組織の成果に結びつく同僚支援という行動特性は、職務上の成果に結びつく能力です。したがって、適切な記述です。


企業経営理論

 1-7人的資源管理 コンピテンシー評価 

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き