中小企業診断士 企業経営理論
令和2年 第20問-職務特性

ピックアップ過去問解説

問題

職務特性の代表的なモデルであるJ.R.ハックマンとG.R.オルダムのモデルに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 上司からのフィードバックの程度が低く、職務の自律性が高い場合、内発的動機づけが高まる。

イ 職務が細分化され、他の職務への依存度が高い場合、その職務の有意義感は高まる。

ウ 職務に対する有意義感の実感、責任の実感、結果についての理解、の 3つがそろうと、内発的動機づけが高まる。

エ 成長欲求が高い従業員ほど、職務特性に関わりなく、内発的動機づけが高くなる。


解答・解説

解答:ウ

 職務特性モデルに関する問題です。

職務特性モデルは、仕事自体の特性と従業員の意欲への影響を示す枠組みです。職務は以下5つの中核的職務特性を用いて説明できます。

①スキルの多様性:従業員が有する多様なスキルや技能を活用できるといった特性

②タスク・アイデンティティ(タスク完結性):タスクの全体像をつかみ、完結できるという特性

③タスクの優位性(タスク重要性):職務が他人の仕事や生活に影響を与えているという特性
 ~③を仕事の有意義感とまとめられます。

④自律性:職務において与えられる裁量の度合い(責任の実感)

⑤フィードバック:職務に関するフィードバックが直接提供される程度(結果についての理解)

上記の5つの特性が存在する仕事であれば内発的動機付けは高まるとされます。

では、選択肢アですが、職務の自律性が高い場合、内発的動機付けが高まるのは正しい記述です。しかし、職務特性モデルにおけるフィードバックは、業務を実行した結果、その業務の有効性がその個人に対して直接提供される程度であり、上司からのフィードバックではなく、それが低いからと言って内部的に動機づけられるものではありません。したがって、不適切な記述です。

選択肢イの記述ですが、職務細分化がされ、他の職務への依存度が高い場合、タスクの全体像をつかみ、完結できる特性であるタスク・アイデンティティが低下し、仕事の有意義感は低下します。したがって、不適切な記述です。

選択肢ウですが、上記の説明どおり、仕事の有意義感、責任の実感、結果についての理解の3つがそろうと、内発的動機付けが高まりますので適切な記述です。

選択肢エですが、成長欲求が高いほど、従業員の内発的動機付けが高まりますが、職務特性に関わりなく高まるのではなく5つの特性の状態が前提となります。したがって、不適切な記述です。


学習するには

企業経営理論

 1-6 組織と人材

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる