中小企業診断士 企業経営理論
令和2年 第18問-帰属集団

ピックアップ過去問解説

問題

組織メンバーの帰属集団に対する一体化とリーダーシップに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 集団の凝集性が高いほど、個人が集団の意思決定に参加していると感じる程度が低くなり、集団圧力が弱くなるので、公式の権限に基礎を置くリーダーシップが有効になる。

イ 集団の中で個人の欲求が充足される程度が高くなると、特に集団の目標に一体化する必要がなくなるので、集団内の相互作用を支援するようなリーダーシップが必要になる。

ウ 組織の外部に参加することができる代替的選択肢を持っているメンバーは、帰属集団の目標への一体化の程度が高くなるので、集団外部の人々と交流を促すリーダーシップが有効になる。

エ 他の集団との競争が激しくなる中で、帰属集団の威信が高くなると、集団に対する一体化の程度が強くなるので、上位集団や他の集団に対する影響力を持ったリーダーシップが有効になる。


解答・解説

解答:エ

 帰属集団とリーダーシップに関する問題です。

それでは選択肢を見ていきましょう。

選択肢アですが、集団の凝集性が高いほど、個人の集団の意思決定に対する集団圧力が強まります。公式の権限に基づくリーダーシップは集団圧力を強めるため有効ではありません。したがって不適切な記述です。

選択肢イですが、集団の中で個人の欲求が充足される程度が高くなっても、集団の目標に一体化しなければ、目標を達成できません。したがって、不適切な記述です。なお、後述のように、集団内の相互作用を支援するリーダーシップにより、個人の欲求を充足させつつ、目標への達成に導くことは適切です。

選択肢ウですが、組織外部に参加することができる代替的選択肢を持っているメンバーは、帰属集団の目標への一体化の程度が低くなります。したがって、集団外部の人々と交流を促すリーダーシップは有効ではありませんので不適切な記述です。

選択肢エですが他の集団との競争が激しくなる中、帰属集団の威信が高くなると、集団に対する一体化の程度が強くなります。リーダーはメンバーが組織内にいることによって求める報酬見返りを与えるために、上位集団や他の集団に対する影響力を持ったリーダーシップが有効となります。したがって、適切な記述です。


学習するには

企業経営理論

 1-6 組織と人材

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる