経営情報システム 平成30年 第3問 - 文字コード

ピックアップ過去問解説

問題

文字情報を電子化する際の文字コードには、いくつかの種類がある。文字コードの特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア ASCII コードは、アルファベット、数字、特殊文字、制御文字および漢字から構成される文字コードである。

イ EUC は、UNIX OS のために開発されたが、その後拡張されて日本語などにも対応できるようになった文字コードである。

ウ Shift-JIS コードは、EUC を拡張して日本語にも利用できるようにした文字コードである。

エ UTF-8 は、 2 バイトの文字コードで、英数字と日本語だけではなく、世界の主要な言語で使われるほとんどの文字も表現できる。



解答・解説

解答:イ

経営情報システムから、文字コードについての問題です。代表的な文字コードの特徴を理解していれば、解答できる問題です。

まずは、文字コードの種類について簡単に復習しておきましょう。

ASCIIコードは、英数字などを扱う最も基本的な文字コードであり、日本語を扱うことはできません。日本語を扱うことができる文字コードには、JIS、シフトJIS、EUC、Unicodeなどがあります。このうち、EUCは、UNIXなどで使用されている文字コードです。また、Unicodeは世界で共通の統一コード体系と位置付けられています。そのUnicodeをパソコンで扱うための方式の1つに、UTF-8があります。

では、ここまでを押さえた上で、問題を見ていきましょう。

選択肢アは、ASCIIコードに関する記述です。

前述のとおり、ASCIIコードは、英数字などを扱う最も基本的な文字コードであり、日本語を扱うことはできません。よって、アの記述は不適切です。

選択肢イは、EUCに関する記述です。

EUCは、UNIXで使用される文字コードであり、日本語も扱えるものです。よって、イの記述は適切であり、これが正解となります。

参考として、他の選択肢の内容も見ておきましょう。

選択肢ウは、Shift-JISコードに関する記述です。

Shift-JISコードは、日本工業規格(JIS)で定められたJISコードを拡張したものであり、EUCを拡張したものではありません。

選択肢エは、UTF-8に関する記述です。

UTF-8は、世界中の文字の集合体であるUnicodeをパソコンで扱うための数値変換の方式の1つです。一文字を1~6バイトの可変長で表現でき、日本語は3バイトで表現します。すべての文字を2バイトで表すものではありません。

以上より、イが正解となります。


学習するには

経営情報システム

 4-2 ファイルとDB

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


人気のコンプリートコースが
受講料10,000円OFF!
【7/31】まで

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]※2020年合格コース付

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます。先取り学習できる「2020年度版合格コース」付詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる