経営情報システム 平成30年 第1問 - 様々なインタフェース

ピックアップ過去問解説

問題

 パーソナルコンピュータ(PC)の利用においては、業務内容に応じてハードディスクドライブ(HDD)などのさまざまな種類の周辺機器を PC 本体に接続することがある。周辺機器を接続するインタフェースに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア e-SATA は、PC 本体の電源を切らずに外付け HDD の接続が可能なシリアルインタフェースである。

イ SCSI は、外付け HDD、モデムやマウスの接続が可能なシリアルインタフェースである。

ウ USB は、PC 本体の電源を切らずに外付け HDD の接続が可能なパラレルインタフェースである。

エ シリアル ATA は、外付け HDD、モデムやマウスの接続が可能なインタフェースである。


解答・解説

解答:ア

 経営情報システムから、入出力インタフェースの規格に関する出題です。インタフェース規格に関するさまざまな用語が出題されています。本問では特に、それぞれの規格が「シリアル伝送か、パラレル伝送か」という観点で出題されていますが、基本的な規格の概要を押さえていれば正解できる問題です。

 まず、インタフェースにおいて、シリアルの規格とパラレル規格のものを整理しておきましょう。

 シリアル伝送のインタフェースには、USBや、IEEE1394、IrDA、Bluetoothなどがあります。一方、パラレル伝送のインタフェースには、SCSIがあります。また、PC本体と内蔵ハードディスクを接続するインタフェースのATAには、シリアルとパラレルの2種類があります。現在では、シリアルATAが多くなっています。

 それでは、順番に記述を見ていきましょう。

 選択肢アは、eSATAについて問われています。eSATA(external Serial ATA)は、SATAを外付け機器向けに拡張した規格であり、名称にもあるとおり、シリアルインタフェースです。SATA(Serial ATA)は、PCにハードディスクや光学ドライブを接続するためのインタフェース規格です。また、eSATAはPC本体の電源を切らずに外付けHDDの接続が可能です。よってアの記述は適切であり、これが正解となります。

 念のため、他の選択肢も見てみましょう。

 選択肢イは、SCSIについて問われています。SCSIは、外付けのHDDの接続などに用いられるインタフェースであり、パラレルインタフェースです。また、一般的にモデムやマウスの接続には利用されません。よってイの記述は不適切です。

 選択肢ウは、USBについて問われています。USBは、マウスやキーボード、プリンタ、ハードディスク、USBメモリなど様々な機器との接続で使われているインタフェースです。また、PC本体の電源を切らずに外付けHDDの接続が可能です。ただし、USBはシリアルインタフェースであり、この点がウの記述と異なります。よってウは不適切です。

 選択肢エは、シリアルATAについて書かれています。シリアルATAはPCに内蔵するハードディスクや光学ドライブを接続するためのインタフェース規格です。モデムやマウスを接続することはできません。よってエは不適切です。

 この問題で問われている用語は頻出論点なので、しっかり復習しておきましょう。


学習するには

経営情報システム

 4-1 コンピュータの基礎

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き