経営情報システム 平成20年 第7問 - データファイル

ピックアップ過去問解説

問題

コンピュータのアプリケーションソフトやプログラム言語におけるデータファイルの取り扱いに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア CSVファイルはデータとデータ間をカンマで区切った固定長ファイルである。

イ 固定長ファイルにはデータとデータの区切り記号は必要ない。

ウ ハードディスクに記録した可変長ファイルでは、インデックス(索引)ファイルを用いてもデータの検索を高速化することはできない。

エ ランダムアクセスファイルをハードディスクに記録した場合、常にデータの先頭から順番に読み込む必要がある。


解答・解説

解答:イ

経営情報システムからデータファイルに関する出題です。

本問では、様々なデータファイルの特徴について問われていますが、基本的なデータファイルの知識があれば正解できる問題です。

ファイルは、コンピュータ上で、データを記録しておく入れ物の事です。

コンピューターで扱うデータには様々なものがあり、データは目的に応じたファイル形式で保存されています。そのため、ファイル形式には多種多様なものがあります。

では、選択肢を順番に見ていきましょう。

選択肢アは、CSVファイルに関する記述です。

CSVは「Comma Separated Value」、つまり「カンマ区切りの値」を略したものです。

このようにCSVファイルは「データとデータ間をカンマで区切った」ファイルである、というところまでは適切です。

但しCSVファイルは「固定長」ではなく「可変長」であるため、記述は不適切です。

例えば、住所録の場合、CSVファイルでは、

1,山田太郎,東京都,千代田区XXX,
2,鈴木正,神奈川県,相模原市YYYY,

というように、各データの長さが変わります。そのため可変長となります。

選択肢イは、固定長ファイルに関する記述です。

固定長ファイルでは、データの区切りは、長さによって指定されます。
そのため、CSVのような区切り記号は必要ありません。

よって、記述は適切で、選択肢イが正解です。

例えば、さきほどの住所録を固定長ファイルで表すと、

123456789012345678901234567890
1  山田太郎   東京都    千代田区XXX
2  鈴木正    神奈川県   相模原市YYYY

というように、各データの長さは(開始位置と終了位置も)揃えられることになります。(データの長さが足りない場合は空白で埋められます)

ここまでで正解を導くことができますが、参考として他の選択肢の内容を見ておきましょう。なお、以下は概要を理解して頂ければ十分です。

選択肢ウは、インデックスファイルに関する記述です。

インデックス(索引)ファイルは、その名前の通り、データを素早く見つける(アクセス)するために作成するものです。

例えば、先ほどの住所録で、「神奈川県」の人だけを検索したい場合、インデックスが無いと、住所録の先頭のレコード(行)から、最後のレコードまで1行ずつ全て見ることになります。そのため、時間がかかります。

ここで、都道府県を表す列にインデックスを作成した場合、都道府県毎の索引が作成され、本の索引と同じように、索引を見ただけで場所(レコード)を特定できるようになります。そのため、検索のスピードが向上します。

このインデックスには、通常、行の位置を表すIDやアドレスが格納されているため、可変長ファイルでも作成できます。

よって、記述は不適切です。

選択肢エは、ランダムアクセスファイルに関する記述です。

ランダムアクセスというのは、少し専門的な内容ですが、ファイルを読み取る方法に関する用語です。よく、別の読み取り方法である「シーケンシャルアクセス」と比べられます。

ランダムアクセスは、アクセスしたいデータの位置を直接読み取る方法です。

例えば、インデックスに書かれているアドレスを基に、ファイル中のデータの位置を特定し、ピンポイントで読み書きします。

シーケンシャルアクセスは、ファイルの先頭から順番にアクセスする方法です。インデックスが無いデータにアクセスするには、通常はシーケンシャルアクセスを行います。

記述の内容は、シーケンシャルアクセスの内容となっており、間違っています。よって、記述は不適切です。

今回は、可変長と固定長の違いを押さえておくのが重要な問題でした。


学習するには

経営情報システム

 4-2 ファイルとデータベース - ファイル

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


着実に学びたい方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019+2020年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019+2020年度試験対応]

一括 ¥54,980~ (税込)
分割例 月々 ¥2,663 × 24回から

現在配信中の2019年度版に加え、今後配信する2020年度版の講座まで受講できるコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


今年度合格を決めたい方へのおすすめコース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2019年度試験対応]

一括 ¥44,980~ (税込)
分割例 月々 ¥2,179 × 24回から

これから2019年度ストレート合格を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能コースは3タイプで、学習スタイルや受験に必要な内容に合わせて選択できます。詳細はこちら


すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!

無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる