経営情報システム 令和2年 第9問 - 無線LAN

ピックアップ過去問解説

問題

 ケーブルを必要とせずに電波などを利用して通信を行う無線 LAN は、信号が届く範囲であれば、その範囲内でコンピュータを自由に設置できるために、中小企業でも有用である。したがって、その特性を理解しておく必要がある。

無線 LAN に関する記述として、最も適切なものはどれか。


ア SSID は無線 LAN におけるアクセスポイントの識別名であるが、複数のアクセスポイントに同一の SSID を設定できる無線 LAN 装置の機能をマルチ SSIDという。

イ 無線 LAN におけるアクセス制御方式の一つである CSMA/CA 方式では、データ送信中にコリジョンを検出した場合には、しばらく時間をおいてから送信を開始することで、コリジョンを回避する。

ウ 無線 LAN におけるアクセス制御方式の一つである CSMA/CD 方式では、利用する周波数帯を有効に利用するために、それをタイムスロットと呼ばれる単位に分割することで、複数ユーザの同時通信を提供することができる。

エ 無線 LAN の暗号化の規格である LTE は、アルゴリズムの脆弱(ぜいじゃく)性が指摘された WEP を改良したことから、より強固な暗号化を施すことができる。


解答・解説

解答:イ

 本問では、無線LANの特徴について問われています。

 聞きなれない用語があるかも知れませんが、落ち着いて検討することにより、選択肢を絞ることができる問題です。


 では、選択肢についてみていきます。

 選択肢アですが、マルチSSIDについて書かれています。SSID(Service Set IDentifier)とは、無線LANにおけるアクセスポイントを識別名であることは正しいです。しかし、マルチSSIDとは、複数のアクセスポイントに同一のSSIDを設定できる機能ではありません。マルチSSIDとは、1つのアクセスポイントに複数のSSIDを設定できるものになります。よって不適切です。

 選択肢イですが、CSMA/CA方式について書かれています。CSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)方式とは、無線LANで採用されているアクセス制御方式です。CAMA/CAでは、データ送信後、受信側から信号が返ってくることにより、データ送受信が完了したとします。受信側から信号が返って来ない場合、コリジョン(データの衝突)があったと判断し、しばらく時間をおいてから送信を開始します。よって適切であり、これが正解となります。

 選択肢ウですが、CSMA/CD方式について書かれています。CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)方式とは、主に有線LANで利用されるアクセス制御方式です。データ送信後、コリジョン(データの衝突)があった場合、しばらく時間をおいてから送信を開始します。記述にあるような、タイムスロットの単位に分割するようなものではありません。記述の内容は、TDMA(Time Division Multiple Access、時分割多元接続)通信方式のものです。よって適切です。

 選択肢エですが、これはLTEの説明ではありません。LTE(Long Term Evolution)とは、携帯電話の通信規格の1つです。本来は、第3世代携帯電話(3G)と第4世代携帯電話(4G)の中間の世代ということで、3.9Gと呼ばれていましたが、現在では4Gと同等に扱われることもあります。記述にあるような、WEPを改良した無線LANの暗号化の規格はWPAのことであり、LTEとは関係ありません。よって、不適切です。

 以上より、イが正解となります。

 聞きなれない用語が出てきても、その他の用語の特徴をおさえておけば、選択肢を絞ることは可能です。今回分からない用語のあった方は、正確に理解しておくようにしましょう。


学習するには

経営情報システム

 4-3 システム構成とネットワーク

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

【1/31まで】受講料
最大10,000円OFF!
お得なキャンペーン実施中

基礎から着実に学びたい方に
おすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021+2022年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021+2022年度試験対応]スタンダードコース

1/31(日)まで
通常価格 ¥62,900
特別価格 ¥57,900 (税別)

分割例 月々 ¥5,400 × 12回から

今から始めて2021年・2022年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます現在配信中の「2021年度版コース」に加え、今後リリースされる「2022年度版コース」を受講することができます。詳細はこちら

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021+2022年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021+2022年度試験対応]コンプリートコース

1/31(日)まで
通常価格 ¥82,900
特別価格 ¥72,900 (税別)

分割例 月々 ¥6,900 × 12回から

今から始めて2021年・2022年の試験を目指すのに最適なコースです。「1次2次合格コース スタンダードコース」に直前対策講座合格模試を追加。基礎から合格レベルまで学び、さらに直前期の総仕上げができます。現在配信中の「2021年度版コース」に加え、今後リリースされる「2022年度版コース」を受講することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる