経営情報システム 令和2年 第2問 - フラッシュメモリ

ピックアップ過去問解説

問題

データのバックアップの際には、フラッシュメモリを利用した記憶装置を利用することも多いので、その特性や用途を理解しておくことが望ましい。

フラッシュメモリに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 紫外線でデータを消去して書き換えることができる。

b 磁気でデータを消去して書き換えることができる。

c 電源が遮断された状態でも記憶したデータを保持できる。

d USB メモリ、SD メモリカード、SSD といった記憶装置に使われる。


〔解答群〕

ア aとb

イ aとc

ウ bとd

エ cとd


解答・解説

解答:

本問は、フラッシュメモリに関する問題です。

フラッシュメモリの基本的な特徴をおさえていれば解答できる問題です。

まず、フラッシュメモリの概要について復習しておきましょう。

◆フラッシュメモリ
書き換えが可能なROM(Read Only Memory)のことです。ROMは、電源を消しても内容が消えないタイプのメモリであり、このことを不揮発性があると言います。ROMは、元々は文字通りに読み込み専用のメモリでしたが、フラッシュメモリでは、必要に応じて内容を電気的に消去し、書き込みができるタイプのROMとなっています。フラッシュメモリは、現在では、デジタルカメラに差し込んで使うメモリカードや、パソコンのデータを手軽に交換できるUSBメモリなど、幅広く使われています。

では、記述をみていきましょう。

 記述aでは、紫外線でデータを消去して書き換えることができる、としています。紫外線でデータを消去できるのは、EPROM(Erasable and Programmable ROM)です。EPROMでは、消去の際に紫外線照射装置が必要となります。一方、フラッシュメモリは電気的に内容を消去するため、紫外線でデータを消去するものではありません。
よって記述aは不適切です。

 記述bでは、磁気でデータを消去して書き換えることができる、としています。磁気でデータを消去できるのは、ハードディスクなど磁気ディスクを利用した記憶装置であり、フラッシュメモリではありません。
よって記述bは不適切です。

 記述cでは、電源が遮断された状態でも記憶したデータを保持できる、としています。前述のとおり、フラッシュメモリは電源を消しても内容が消えないタイプの不揮発性のメモリです。
よって記述cは適切です。

 記述dでは、USB メモリ、SD メモリカード、SSD といった記憶装置に使われる、としています。フラッシュメモリはこれらの記憶装置に実際に使われています。なお、SSDとはソリッドステートドライブの略で、フラッシュメモリを用いた補助記憶装置であり、ハードディスクの代替として使用できます。SSDはハードディスクと異なりディスクを持たないため、シークタイム(読み取り装置である磁気ヘッドを目的位置まで移動させる時間)がなく、高速に読み書きできます。また、モーターなどの駆動部分を持たないため静かで電力消費も少なく、衝撃にも強いです。
よって記述dは適切です。

以上より、記述cと記述dの組み合わせが適切であり、エが正解となります。

補助記憶装置については、毎年、概要を問う問題が出題されます。様々な装置がありますが、いずれもポイントとなる概要をおさえておくことが重要です。


学習するには

経営情報システム
4-1「コンピュータの基礎」◆記憶装置

<2022年試験対策>
これから合格を目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら
すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる