スマートフォンのセンサー - 中小企業診断士 経営情報システム 令和2年 第12問 -

ピックアップ過去問解説

問題

スマートフォンには、いろいろなセンサーが搭載されている。
スマートフォンに一般的に搭載されている 4 つのセンサーの機能・役割に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a ジャイロセンサー(ジャイロスコープ)は、地磁気を観測するセンサーで、方位を検知して、スマートフォンの地図アプリで北の方角を示すのに使われる。
b 加速度センサーは、重力加速度も検出できるセンサーで、スマートフォンの傾きに応じて自動的に画面の向きを変えるのに使われる。
c 磁気センサー(電子コンパス)は、角速度を検出するセンサーで、スマートフォンがどのような方向に動いたかを感知して、スマートフォンの方向に応じた画面を表示するのに使われる。
d 近接センサーは、対象物が近づくだけで ON・OFF を切り替えることができるセンサーで、通話時に顔にスマートフォンを近づけても誤作動しないように画面を OFF にするのに使われる。

〔解答群〕
ア a:正  b:正  c:誤  d:誤
イ a:正  b:誤  c:正  d:誤
ウ a:誤  b:正  c:誤  d:正

エ a:誤  b:誤  c:正  d:正

解答・解説

解答:ウ

本問では、スマートフォンに搭載されている各種センサーについて問われています。

4つのセンサーに関する記述の正誤を解答するタイプの問題となっています。知識のないセンサーもあるかも知れませんが、一般的な知識も活用することにより、正答を絞り込みたい問題です。

それでは、順番に記述を見ていきましょう。

aは、ジャイロセンサーに関する説明です。ジャイロセンサーは角速度センサーともいわれ、「物体が、どのぐらいの角度、速さで動作(回転)しているか」を計測するセンサーです。記述の内容は磁気センサーのものであり、ジャイロセンサーのものではありません。
よって記述の内容は不適切です。

bは、加速度センサーに関する説明です。加速度センサーでは、動きや傾き、振動などの情報を得ることができます。スマートフォンでは、本体の傾きに応じて自動的に画面を変えることに使われます。
よって記述の内容は適切です。

cは、磁気センサー(電子コンパス)に関する説明です。磁気センサーは、地磁気を観測するセンサーで、方位を検知して、スマートフォンの地図アプリで北の方角を示すのに使われます。記述のように、磁気センサーがスマートフォンの方向に応じた画面の表示に使われることはありません。
よって、記述の内容は不適切です。

dは、近接センサーに関する説明です。近接センサーとは、対象物が近づくだけでON/OFFを切り替えることができるセンサーです。通話時に顔にスマートフォンを近づけた際に、画面表示をOFFにすることに使われます。
よって、記述の内容は適切です。

以上より、ウが正解となります。

本問のような問題では、一部知識が不足する問題が含まれている場合でも、一般的な知識を想起しながら(たとえば、方位を示すコンパスでは、地磁気が使われている等)、落ち着いて対応することが重要です。時間を掛け過ぎることなく選択肢を絞っていきましょう。


学習するには

経営情報システム
4-5 「経営と情報システム」◆スマートフォンとタブレット

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き