経営情報システム 令和元年 第21問 - バランスト・スコアカード

ピックアップ過去問解説

問題

 R.S.キャプランとD.P.ノートンが開発したバランスト・スコアカード(BSC)は、情報通信技術(ICT)投資の評価手法の1つとして使われることがある。BSCでは4つの視点から評価するとされているが、この4つの視点に含まれないものはどれか。


ア 学習と成長の視点

イ 競合企業の視点

ウ 業務プロセスの視点

エ 顧客の視点

オ 財務の視点



解答・解説

解答:イ

  本問では、バランスト・スコアカード(BSC)について問われています。

BSCは、「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」という4つの視点から情報システムを評価・検討する手法のことです。情報システムの評価以外にも経営の様々な領域で用いられており、必ず覚えておきたい論点です。

 それでは、選択肢を見ていきましょう。

 選択肢アですが、「学習と成長の視点」はBSCの4つの視点の1つです。学習と成長の視点は経営の将来性に関する視点であり、具体的な指標には「従業員満足度」「従業員一人あたりの研修費用」「従業員からの改善提案数」などが挙げられます。よって選択肢の内容は適切です。

 選択肢イですが、「競合企業の視点」はBSCの4つの視点には含まれていません。よって選択肢の内容は不適切であり、これが正解となります。

 選択肢ウですが、「業務プロセスの視点」はBSCの4つの視点の1つです。業務プロセスの視点は現在の経営状況に関する視点であり、具体的な指標には「商品の原価率」「不良品率」などが挙げられます。よって選択肢の内容は適切です。

 選択肢エですが、「顧客の視点」はBSCの4つの視点の1つです。顧客の視点は現在の経営状況に関する視点であり、具体的な指標には「顧客満足度」「リピート率」などが挙げられます。よって選択肢の内容は適切です。

 選択肢オですが、「財務の視点」はBSCの4つの視点の1つです。財務の視点は過去の経営結果に関する視点であり、具体的な指標には「売上高」「経常利益」などが挙げられます。よって選択肢の内容は適切です。


 本問で問われているバランスト・スコアカード(BSC)は、情報システムをはじめ、経営の様々な領域で用いられる評価・検討手法であり、必ず内容をおさえておきたいものです。

知識が抜けていた方は復習をして、必ず正解できるようにしておきましょう。


学習するには

経営情報システム

 4-5 経営と情報システム

→ 上記の講座が含まれる「1次2次合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

人気のコンプリートコースが
受講料10,000円OFF!
【7/31】まで

今から始めて2021年度合格を
目指す方におすすめ

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]

中小企業診断士 1次2次合格コース[2021年度試験対応]※2020年合格コース付

一括 ¥48,900~ (税抜)
分割例 月々 ¥4,600 × 12回から

今から始めて2021年の試験を目指すのに最適なコースです。基礎から合格レベルまで、効率的なトータル学習が可能インプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます。先取り学習できる「2020年度版合格コース」付詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!


無料配信中の講座はこちら

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子
「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
無料セミナー
「短期合格の戦略」
スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座
基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

合格法冊子とスタディングを無料で試してみる