不正競争防止法 - 中小企業診断士 経営法務 令和3年 第8問

ピックアップ過去問解説

問題

不正競争防止法に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 不正競争防止法第2条第1項第1号に規定する、いわゆる周知表示混同惹起行為において、商品の容器は「商品等表示」に含まれる。

イ 不正競争防止法第2条第 1 項第 2 号に規定する、いわゆる著名表示冒用行為と認められるためには、他人の商品又は営業と混同を生じさせることが一つの要件 となる。

ウ 不正競争防止法第2条第 1 項第 4 号乃至第10号で保護される営業秘密となるためには、秘密管理性、進歩性、有用性が認められる必要がある。

エ 不正競争防止法第2条第1項第4号乃至第10号で保護される営業秘密は営業上の情報を指し、技術上の情報を含まない。


解答・解説

解答:ア

 本問では不正競争防止法について問われています。

不正競争防止法に関する問題は、出題頻度が高くなっていますので、基本的な内容をおさえておくようにしてください。

選択肢アですが、周知表示混同惹起行為とは、他人の商品等表示として広く認識されているものと同一・類似の商品等表示を使用し、他人の商品・営業と混同を生じさせる行為のことです。商品等表示は、業務に係る氏名・商号・商標・標章、商品の容器・包装、その他の商品又は営業を表示するものとされています。商品の容器は商品等表示に含まれますので、アの記述は適切です。

選択肢イですが、著名表示冒用行為とは、他人の著名な商品等表示と同一・類似の商品等表示を使用し、またはその商品等表示を使用した商品等を譲渡等する行為ですが、他人の商品又は営業と混同を生じさせることは要件としていません。周知表示混同惹起行為とは違い、混同を生じさせなくてもその著名な商品等表示を使用するだけで著名表示冒用行為を行ったことになります。よって、イの記述は不適切です。

選択肢ウですが、営業秘密となるためには、秘密管理性、有用性および公然と知られていないという非公知性が認められる必要があります。進歩性は要件ではありません。よって、ウの記述は不適切です。

選択肢エですが、営業秘密は、不正競争防止法第2条第6項に「この法律において営業秘密とは、秘密として管理されている生産方法、販売方法その他事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないものをいう」と定義されています。製造方法や設計図面などの技術上の情報も含まれますので、エの記述は不適切です。

以上より、選択肢アが正解となります。


学習するには

経営法務

6-3 著作権と不正競争防止法

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2022+2023年度試験対応]

一括 53,900円~
分割例 月々 4,600円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

いますぐ無料でお試しできます

現在、冊子「中小企業診断士 加速合格法」無料でプレゼント中!
無料セミナー「短期合格の戦略」配信中!

スタディング 中小企業診断士講座 無料冊子 「中小企業診断士 加速合格法」

無料冊子

「中小企業診断士 加速合格法」
試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。

無料セミナー

「短期合格の戦略」

スタディング 中小企業診断士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座初回版「1-1経営と戦略の全体像」

動画/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次合格メソッド講座、2次基礎講座(令和元年度事例1)付き!

無料講座と合格法冊子・無料セミナーを試してみる